野上照代「あんないい現場にいながら、もったいないことをした」

2月10日、ミューザ川崎シンフォニーホールにて「第69回毎日映画コンクール 表彰式」が開催され、受賞者がそれぞれ喜びを語った。

野上照代

特別賞
野上照代(元黒澤映画助手)

毎日の映画の賞をいただけることは素晴らしいと思っている。映画人が喜ぶ歴史のあるものをいただいて、ありがとうございます。とにかく私としては、幸運の女神のお陰で幸運につきまくっている。『羅生門』で黒澤組に入ってから幸運がつきまくっていますから、これが最後の幸運だと思ってます。黒澤さんには感謝しています。私は何もしていない。ひとつはお詫び。宝の山にいながら、あんないい現場にいながらもったいないことをした。あの世にもうすぐ行きますからね、行ったらお詫びを言いたいと思っています。 あと、小学館から『デルス・ウザーラ』っていうロシアで作った映画の資料を出しますが…その一年半の日記を繰り返し見てね、可愛そうだったなと。大変ですよ、映画の監督なんてのは。どんなに苦労したか。黒澤さんが『トラ・トラ・トラ!』で失敗して、自殺未遂もやってドン底から這い上がって死に物狂いの映画だった。協力しなきゃいけないのに、役に立たずに一年半、そういうこともお詫びしたいですね。


なお、第69回毎日映画コンクール表彰式の模様は、TVKで2月15日(日)19時から、またBS11で2月22日15時から放送される。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

野上照代

生年月日1927年5月24日(91歳)
星座ふたご座
出生地東京都

野上照代の関連作品一覧

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST