三池崇史が2016年に「テラフォーマーズ」を実写映画化!―「映画をナメたら火傷するぞ!」

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

1,000万部突破の大ヒットコミック「テラフォーマーズ」(作・貴家悠画・橘賢一)を三池崇史を監督に迎えての実写映画化が決定し、2016年に公開することが決まった。

テラフォーマーズとは

2011年に「週刊ヤングジャンプ」の増刊漫画誌、「ミラクルジャンプ」(集英社刊)で連載を開始、独特の設定と世界観で衝撃と熱狂を与え、2012年には「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)に籍を移し連載が続投された。作者の貴家悠は若干23歳と、その若さで鮮烈なデビューを飾った。さらに、「このマンガがすごい!2013」オトコ編で1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」で2位を獲得し、名実ともに大ヒットコミックとなる。現在、11巻まで出版されている単行本は、累計発行部数は1,000万部を突破、2月19日(木)には最新刊が発売される。また、2014年7月から11月にかけて、人気キャラクターを主人公にしたスピンオフ漫画や、ギャグ漫画など、合計3作品の連載が開始され、これまでの枠にとどまらない人気の高さを証明している。同年8月からはテレビアニメ化&OVA化も果たし、その名は一気に全国区に。

原作者コメント

作・貴家悠
映画になります…!!
母さん…『あんたの漫画ゴチャゴチャしてて全く何やってるのか分かんないけど、就職はいつすんの?』とはもう言わせません……映画になるんですよ、母さんッ!!!

画・橘賢一
実写映画にしてもらえるかも、という話を聞いてはじめに出た言葉は「まじで!?」でした。どういう風に実写映画にするのか…、僕にはまったく見当がつかなかったのです。しかし、メガホンをとるのが三池監督に決まり、「ああ、これはいける…ッ!」と直観しました。監督のパワーと熱さが、テラフォの物語を、さらに燃え上がらせてくれるはずです。映画版テラフォ、今から一観客として本当に楽しみです。ぜひ皆様も楽しみにしてください…! じょうじ!!

三池崇史監督コメント

「スゲー漫画」から「スゲー映画」が生まれる事を証明しようと思う。映画をナメたら火傷するぞ!


映画『テラフォーマーズ』
2016年公開

原作:作・貴家悠 画・橘賢一
監督:三池崇史
配給:ワーナー・ブラザース映画

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三池崇史

生年月日1960年8月24日(58歳)
星座おとめ座
出生地大阪府

三池崇史の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST