二階堂ふみ、初挑戦の大阪弁に絶賛の声

(c)2015『味園ユニバース』製作委員会

(c)2015『味園ユニバース』製作委員会

『味園ユニバース』は、大阪を舞台に、歌うこと以外の記憶を失った男“ポチ男”(渋谷すばる)が、バンド・赤犬やそのマネージャー・カスミ(二階堂ふみ)との出会いをきっかけに、過去の記憶と向き合い、自らを見つめ直す姿を描いた人間ドラマ。二階堂が「苦労した」と語るように、彼女が大阪弁に挑戦したのは本作が初! しかし、大阪出身の関係者からは「まったく違和感がない」という絶賛の声があがっている。

今回解禁された映像は、赤犬メンバーとカスミがライブの打ち合わせをする中、遅れてやってきたボーカルのタカアキが、全治二ヵ月の交通事故にあうことで、ポチ男をメンバーとして迎えようとするシーン。

「はよ、曲決めてよ」「え! 何!?」「歌え、ポチ男! 歌わへんなら飯ぬく」と、二階堂の可愛すぎる大阪弁が炸裂している。この後のカスミとポチ男、さらには赤犬との掛け合いがどうなっていくのかも注目ポイントだ。


映画『味園ユニバース』
2月14日(土) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー!

ストーリー
大阪。広場で行われていたバンド【赤犬】のライブに、若い男(渋谷)が乱入し、そこは一時騒然となる。しかし、マイクを奪った男が声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。圧巻の歌声! 若い男は記憶喪失で自分のことを何も覚えていないという。男の正体と歌声に興味を持った【赤犬】マネージャーのカスミ(二階堂)は、彼を“ポチ男”と名付け、バンドのボーカルに迎えようとする。しかし、男の記憶に閉ざされた過去には、大きな問題があった――。

監督:山下敦弘『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』
出演:渋谷すばる 二階堂ふみ
鈴木紗理奈 川原克己(天竺鼠) 松岡依都美 宇野祥平 松澤匠 野口貴史 康すおん 赤犬
主題歌:渋谷すばる「ココロオドレバ」「記憶」(インフィニティ・レコーズ)
配給:ギャガ
(C)2015『味園ユニバース』製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST