渋谷すばる、最後の最後で言葉に詰まって「あの頃はッ!…」とまさかの熱唱。映画『味園ユニバース』初日舞台挨拶

鈴木紗理奈、二階堂ふみ、山下敦弘

『リンダ リンダ リンダ』、『苦役列車』の山下敦弘監督が、主演に渋谷すばる、ヒロインに二階堂ふみを迎えて贈る映画『味園ユニバース』が公開初日を迎え、都内にて舞台挨拶が行なわれた。当時は渋谷、二階堂、山下に加え、鈴木紗理奈も登壇。

集まった観客の熱気に山下監督も「すごい熱気ですね」と興奮。渋谷から「(映画)どうでしたか? いい感じですか?」と客席に問いかけると大きな拍手で返事が帰ってくる。さらに、渋谷と二階堂の挨拶を聞いた鈴木は「主演の二人に…『不器用かっ!』。挨拶がたどたどしく…さすが俳優さんだなと。今日は私がフォローして行きたいと思います」と笑わせる。

「自分の仕事の8割はキャスティングだと思っている」という山下いわく渋谷は「正論しか言わない人」。自身が考えていた役が、渋谷と作り上げていく中でどんどん変化していったという。それを受けて渋谷は「そうなんですかね? そういうつもりはなかったけど、一生懸命やっただけ」とコメントに鈴木は「真面目(笑)」とすかさずツッコミ。

二人と共演して「すごい身が引き締まることが多かった」と語る二階堂に対し、鈴木は「すばる君はすごく真面目で、役者さんで凄くオーラがある。年下だけど、現場を引き締める空気も持っているし、男らしさもある。一方のふみちゃんは面白くて感性が独特。今日はシックだけど、私服は虎と龍のスカジャンを羽織るようなロックなパンク少女。二人とも味園ユニバースっていう映画に出るべくして出た二人だなと思うし、私生活が世界観にとても似ているという印象。二人とも味わい深い」と感想を語ると渋谷は「うまいな~」とまさかのマイク無しで感想を。今度は「オフマイクで喋るのやめてください(笑)」とMCにツッコまれるのであった。

以前の試写会で「スイカの種を飛ばすシーンが良かった」という声があったと伝えられる山下は「あそこは食べさせすぎた。僕はああいうシーンが好きで、もっともっとという欲が出てしまった」と反省。そんな監督をよそに「ゾクゾクしました。映画の現場だなってすごい感じた」(二階堂)、「あれは面白かったですね」(渋谷)とお互いが振り返った。

ダメな奴を描いた作品が多かった山下。今回の茂雄もダメな奴ということでそれにちなんだエピソードを聞かれると「(自分で)考えていたけど、わからなくて。さっきマネージャーと喋ってたら、食い気味に即答で『愛想がない!』って返ってきて。ゴメン!って」と話す渋谷がこの日一番の笑いを誘った。

フォトセッション後の挨拶では「初めて主演映画をやらせてもらって、良かったなと思っている。しかも海外の映画祭に呼んでもらったりとか、いろんな方面の方に褒められたり嬉しい限り。キャスト、スタッフ、現場にいた人、その他大勢の人のおかげで成り立った映画。僕らで一生懸命作った映画をですね、あのー…あのー…」と締めの最後で言葉に詰まった渋谷は突然「あの頃はっ! ふたり共! なぜかしら 世間には すねたよな暮らし方 恋の小さなアパートで。おおきに!」と和田アキ子の「古い日記」を熱唱し、会場を盛り上げ、最後まで渋谷らしく舞台挨拶を締めくくった。


映画『味園ユニバース』
2月14日(土) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国公開中

ストーリー
大阪。広場で行われていたバンド【赤犬】のライブに、若い男(渋谷)が乱入し、そこは一時騒然となる。しかし、マイクを奪った男が声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。圧巻の歌声! 若い男は記憶喪失で自分のことを何も覚えていないという。男の正体と歌声に興味を持った【赤犬】マネージャーのカスミ(二階堂)は、彼を“ポチ男”と名付け、バンドのボーカルに迎えようとする。しかし、男の記憶に閉ざされた過去には、大きな問題があった――。

監督:山下敦弘『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』
出演:渋谷すばる 二階堂ふみ
鈴木紗理奈 川原克己(天竺鼠) 松岡依都美 宇野祥平 松澤匠 野口貴史 康すおん 赤犬
主題歌:渋谷すばる「ココロオドレバ」「記憶」(インフィニティ・レコーズ)
配給:ギャガ
(C)2015『味園ユニバース』製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST