お茶目でキュートでテキトーなジョニデ、特別映像4本公開!

(C)2015 Lions Gate Entertainment Inc.

(C)2015 Lions Gate Entertainment Inc.

現在全国公開中のジョニー・デップ主演最新作『チャーリー・モルデカイ華麗なる名画の秘密』より、最新映像が4本届いた。こんなにお茶目でキュート、でもテキトーなジョニー・デップ見たことない!?

最高の男? 編

消えた幻の名画を追う指令を受けたモルデカイ。強くて、頭脳明晰で、銃の腕前も確か…と思いきや、まったくその逆で、事件現場を引っかき回すわ、事態をより厄介にするわ、潜入現場で大爆発そして大火事を引き起こしても、「何とかなるだろ」と超無責任なテキトーぶり全開!

ホントに大丈夫か? 編

英国諜報部MI5のマートランドから事件現場の被害者の写真を見せられ意見を求められるも「とりあえず背中のリハビリしてあげれば?」とか、ロシアンマフィアのアジトから決死のダイブで脱出するも「頭打っておかしくなっちゃった」と全く状況を理解していない発言で周囲を不安にしたり(なぜかズボンが脱げている)、最終的には依頼主のマートランドから「むりむりむりむりむり…」とモルデカイに依頼したことを後悔させる始末。

世界を救え! 編

登場するやいなや敵にごあいさつしていきなりぶん殴られるモルデカイ。慎重な捜査で援護するマートランドの苦労も知らず、行く先々でトラブル連発! ゴヤの名画に隠された財宝の謎を解き明かし世界を救うのが大事なのか? それともヒゲアレルギーの妻をどうたしなめるかが大事なのか? どう考えても両天秤にならない2つの問題(?)に立ち向かうニューヒーローが活躍!(だといいが…)

豪華キャスト編

ジョニー・デップ以下、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー、オリヴィア・マン、ジェフ・ゴールドブラム、ポール・ベタニーを、魅力あるカットで紹介! ここでも、泥酔状態で帰国し空港でお姫様抱っこされ「アル中なんかじゃないもん」と先日のとある授賞式での失態を連想させるセリフや、取調室で「おっぱいモミモミは挨拶代りです」とご丁寧に手のジェスチャーまで付けて力説するジョニー・デップ。オスカー女優のグウィネスに15回も爆笑NGを出させるなど、これだけの豪華キャストで繰り広げられるドタバタ騒ぎは二度と不可能?


映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』
全国大ヒット上映中

【ストーリー】
舞台はイギリス・オックスフォード。ゴヤの幻の名画「ウェリントン侯爵夫人」が、何者かに盗まれた。英国諜報機関MI5が捜索を依頼したのは、ちょびヒゲがトレードマークの怪しい美術商チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)。彼の美人妻ジョアンナを(グウィネス・パルトロウ)大学時代に取り合った警部補マートランド(ユアン・マクレガー)も、嫌々ながら彼の知識と情報網に頼ることに。モルデカイは、最強の用心棒ジョック(ポール・ベタニー)を連れて、絵画を探す華麗なる冒険へ。しかし、その名画には、世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていた! 大富豪の娘ジョージナ(オリビア・マン)をはじめ、マフィア・国際テロリスト・警察を巻き込み、イギリス、ロシア、アメリカへと世界中を駆けめぐる争奪戦が勃発! 果たして、幻の名画の行方は如何に? そしてモルデカイが、財宝にたどりつくことは出来るのか!?

原作:キリル・ボンフィリオリ「チャーリー・モルデカイ1 英国紳士の名画大作戦」(角川文庫)
監督:デヴィッド・コープ(『シークレット ウインドウ』)
出演:ジョニー・デップ、グウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー、オリヴィア・マン、ジェフ・ゴールドブラム、ポール・ベタニー
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョニー・デップ

生年月日1963年6月9日(55歳)
星座ふたご座
出生地

ジョニー・デップの関連作品一覧

グウィネス・パルトロー

生年月日1972年9月27日(45歳)
星座てんびん座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

グウィネス・パルトローの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST