映画『イントゥ・ザ・ウッズ』、天才子役の歌声解禁

(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.

(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王』で驚異的な大ヒットを記録し歴史的なミュージカルブームを作り上げたディズニーが、満を持して贈る最新ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』。本作の主要人物の1人、赤ずきんを演じるリラ・クロフォードの映像が解禁された。解禁された映像は、映画の冒頭で描かれるパン屋での一幕。イメージの赤ずきんと全く異なる豪快な姿と、フィルムメーカーが惚れ込んだ彼女の美しく力強い歌声が存分に味わえる内容となっている。

『イントゥ・ザ・ウッズ』における赤ずきんは、祖母へのお使いに出かける彼女が自身の食欲の赴くまま、パン屋の店先から大量のパンを頬張りながら、両手でも持てない程のパンを持って行く、豪快なパン泥棒っぷりが印象的。また、パン屋の夫婦を演じるのは『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントと俳優のジェームズ・コーデン。そして赤ずきんを演じるリラ・クロフォードは6歳の頃からプロとして演じている。2011年、ミュージカル『リトル・ダンサー』でブロードウェイにデビュー。翌年には11歳にして5000人のオーディションを勝ち抜き、ブロードウェイ・ミュージカルの『アニー』では主役を演じ、長い歴史のあるドラマ・リーグ賞にノミネート。その才能を見出され、『イントゥ・ザ・ウッズ』の主要キャラクター、赤ずきんでめでたく映画デビューとなった。

監督のロブ・マーシャルは「プロデューサーのジョン・デルーカと私は、ジェームズ・ラパインが制作した『アニー』でリラを見ましたが、彼女は最高でした。彼女は並外れたシンガーであり、女優であり、コメディエンヌであり、実年齢よりもずっと先を行っている。それはまさに、我々が赤ずきんに求めていたことそのものだった」と、彼女のもつ才能に心底惚れ込んだことをコメントしている。


映画『イントゥ・ザ・ウッズ』
3月14日(土)、全国ロードショー

シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん…“願い”を叶えたはずのおとぎ話の主人公たちを待ち受けていた、驚くべき運命とは? ディズニーが「めでたし めでたし」の“その後”を描く、大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカル。

監督・製作:ロブ・マーシャル(『シカゴ』『NINE』)
製作:マーク・プラット(『ウィキッド』)ほか
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム(『ウエスト・サイド物語』『ジプシー』『スウィニー・トッド』)
キャスト:メリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST