天海祐希、今度はハリウッドアニメ映画の“BOSS”に。

(C)2014 Universal Pictures.

(C)2014 Universal Pictures.

映画『怪盗グルー』シリーズでお馴染み、黄色のアイツ―バナナが大好物な謎の生物ミニオンが、主役を務める『ミニオンズ』が7月に公開。本作では、ミニオンたちの誕生の秘密や、悪党のボスの仲間にならないと生きがいをなくしてしまうなどの生態の秘密も暴かれる。

この度、本作の声優に天海祐希が起用されたことが発表された。ミニオンたちが最強のボスを探して辿りついたアメリカで出会う、悪党スカーレット・オーバーキル。彼女は、オードリー・ヘップバーン風の外見をした、世界初の女性の悪党。自分の思い通りにならないことに対して攻撃的になる性格、しかしその一方でロマンチックでもあり夫のハーブを深く愛する一面も持ち合わせている。この“最強の女BOSS”を“日本のBOSS”こと天海が演じる。

天海祐希コメント
私が今年7月31日公開のユニバーサルスタジオが贈るアニメ映画『ミニオンズ』で、なんとこのミニオンたちの女ボス、スカーレットの日本語吹替えを担当することになりました! どうやら、私の演じるスカーレットのあとのミニオンのボスが鶴瓶さん演じる怪盗グルーだそうで!! もちろん、鶴瓶さんより、強くて、悪いけど、人間味溢れるミニオンたちのボスになれるよう、楽しんでやらせていただきたいと思います! 鶴瓶さん~! 負けませんよ! 夏休みの公開を楽しみにしてください!

なお、天海は6月に予定されているLAプレミアのカーペットへの参加も決定しているという。


映画『ミニオンズ』
7月31日よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

【ストーリー】
人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。
やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。極寒の南極からニューヨーク、そして流行の最先端を行くロンドンへ――新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。

声の出演:サンドラ・ブロック、マイケル・キートン
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
製作:クリス・メレダンドリ
脚本:ケン・ダウリオ、シンコ・ポール
北米公開:2015年7月10日
配給:東宝東和
(C)2014 Universal Pictures.

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST