『THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ 1994 』板尾創路インタビュー

90年代のお笑い番組の金字塔『ダウンタウンのごっつええ感じ』から、'94年放送分の傑作選が登場。ダウンタウンとともに奮闘した板尾創路が当時を振り返る。

ダウンタウン

20年前のネタが新鮮に思えるかもしれない

誰もが“新しいものを”という気持ちで挑んだ現場でした。収録が終わるとすぐに次週の打ち合わせ。長時間にわたり密度も濃く、「まあ、これでええか」とはならない。確かにしんどかったけど、若かったので“大変だ”という感覚はなかったですね。メンバーはみんな仲がよくて、休みもずっと一緒に過ごしていました。東京の専門学校に通っているような感覚でした。

印象に残っているコントは『カッパの親子』シリーズ。カッパというキャラクターの中には大人のカッコ悪さや切なさが含まれていて、悲しいはずなんですけど面白い。ダウンタウンさんはこういうコントを作るのが本当にうまいなと思います。

放送開始から20年以上が経ってますが、やっていることは今と変わらないので、時代は感じないと思います。むしろ当時だからこそ許されていたネタもあるので、改めて観ると新鮮に映るかもしれない。そういう意味では、貴重な映像集として楽しめるんじゃないでしょうか。(取材・文/ほそいちえ 撮影/堀弥生)

PROFILE

板尾創路
'63年、大阪府生まれ。『~ごっつええ感じ』でのシュールな芸風が注目され、数々のバラエティで活躍。俳優としても活動している。2月27日に書籍『板尾日記10』(リトルモア)が発売予定。

 『THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ 1994 Vol.1〜4』(全4巻)

『THE VERY BEST ON AIR of ダウンタウンのごっつええ感じ 1994 Vol.1〜4』(全4巻)

3.4 RENTAL NOW ON SALE

'94年・日
出演/ダウンタウン
【セル】10,000円(税抜/BOX)

(C) 2014 フジテレビジョン/吉本興業

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST