『第9地区』の監督が描く人工知能「AI」―映画『チャッピー』映像解禁

『チャッピー』

5月23日(土)公開、『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が描く原点的野心作『チャッピー』の日本版オリジナル予告編とポスターが完成した。

解禁された日本版ポスターは、壁に落書きをするチャッピーの後ろ姿を捉えたもの。お父さん、お母さん、そしてチャッピー自身と、ほのぼのとした家族の姿を描く彼の足元にはマシンガンが。そのギャップと相まって、「…ボクを…なぜ怖がるの?」というコピーにも心を揺さぶられる。

彼の成長は、人類の理想なのか―

また、同時公開された予告編は、2016年―南アフリカヨハネスブルグから始まり、世界で初めて人工知能を搭載された兵器ロボットが、“チャッピー”と名づけられ、子供のような心で感じていく姿を映し出す。初めて見る牛乳をこぼし、TVアニメを見てヒーローを真似するかと思えば、車の運転を素早く習得、デッサンも楽々こなすなど急速に成長していく。だが、その姿を見た研究者たちは「考えるロボットは人類の敵」とチャッピーを追いつめていくことに…。


映画『チャッピー』
5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー

【STORY】
2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界でただ一体の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていくチャッピー、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう。

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー(チャッピー/声など)、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテル

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニール・ブロムカンプ

生年月日1979年9月17日(39歳)
星座おとめ座
出生地南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ

ニール・ブロムカンプの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST