リーアム・ニーソン、最新作では殺し屋役。

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『96時間』でアクション俳優の道を切り開いたリーアム・ニーソンが、『アンノウン』のジャウム・コレット=セラ監督と3度目のタッグを組んだ『ラン・オールナイト』の日本公開が5月16日(土)に決定した。

ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、ブルックリンを縄張りとするマフィアの一級の殺し屋。これまでの罪にさいなまれ、ウイスキーをあおることだけが慰めとなっている。仕事のために家族からも疎まれているジミーだったが、ある日、息子のマイクが命を狙われ、彼を救うため相手を殺してしまう。その相手は、マフィアのボスで長年の親友、ショーンの息子だった――「お前とお前の息子を殺す」と、復讐に燃えるショーン。マフィア、買収された警察、凄腕の暗殺者。今や彼らは、NY中のターゲットとなってしまった。残された時間は“たったひと晩”。刻々と命の期限が迫るなか、果たして2人は逃げ切ることができるのか!?

リーアム・ニーソンと共演するのは、ギャングのボス、ショーンにエド・ハリス(『ポロック 2人だけのアトリエ』『めぐりあう時間たち』)が、30年もの間ジミーを執拗に追い続ける刑事にビンセント・ドノフリオ(『ジャッジ 裁かれる判事』)、息子のマイクにジョエル・キナマン(『ドラゴン・タトゥーの女』)。

絶体絶命の状況下、果たして彼らは逃げ切ることができるのか!?息もつかせぬ逃走劇が今、始まる。


映画『ラン・オールナイト』
5月16日(土)全国ロードショー

監督:ジャウム・コレット=セラ(『アンノウン』)
脚本:ブラッド・イングルスビー(『ファーナス/訣別の朝』)
出演:リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』『フライト・ゲーム』)、ジョエル・キナマン(『ドラゴン・タトゥーの女』)、ビンセント・ドノフリオ(『ジャッジ 裁かれる判事』)、エド・ハリス(『ポロック 2人だけのアトリエ』『めぐりあう時間たち』)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リーアム・ニーソン

生年月日1952年6月7日(66歳)
星座ふたご座
出生地

リーアム・ニーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST