『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が2月28日よりイベント上映&先行配信開始

(C)創通/サンライズ

(C)創通/サンライズ

悲劇の始まりと過去が明かされる

1979年TV放送された、日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターの安彦良和が手掛けた、累計発行部数1,000万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が、ついにアニメ化。

シャア・アズナブル――のちにジオン公国軍のエースパイロット『赤い彗星』と呼ばれる男と、セイラ・マス――彼の妹の運命を決定づけた悲劇の始まりと過去が明かされる!
スペースノイドの指導者であった父ジオン・ダイクンの急逝がもたらした、2人の兄妹の流転の物語を軸に、サイド3の実権を掌握しジオン公国を統率するザビ家、一年戦争で活躍した数々のジオン軍の名高きエースパイロットたちの若き日の勇姿、モビルスーツ開発秘話、地球連邦軍との軋轢、開戦への道程など「一年戦争」以前の過去の物語を『シャア・セイラ編』として構成、全4話で描かれていく。

(C)創通・サンライズ

(C)創通・サンライズ

あらすじ

宇宙世紀0068年、サイド3、ムンゾ自治共和国。
宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。
ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。
しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。
これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…。

>>TSUTAYA TVにて先行配信中<<

第1話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』
2015年2月28日(土)~3月13日(金)
2週間限定、全国13館にてイベント上映!

上映館情報
北海道:札幌シネマフロンティア
栃木:MOVIX宇都宮
東京:新宿ピカデリー、シネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ日本橋
神奈川:横浜ブルク13
千葉:MOVIX柏の葉
埼玉:MOVIXさいたま
愛知:ミッドランドスクエアシネマ
大阪:なんばパークスシネマ、大阪ステーションCC
京都:MOVIX京都
福岡:福岡中洲大洋

※劇場限定版Blu-ray・TSUTAYA TVにて先行有料配信同時スタート

原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、阿久津 潤一

キャスト:田中 真弓(キャスバル・レム・ダイクン)、潘 めぐみ(アルテイシア・ソム・ダイクン)、浦山 迅(デギン・ソド・ザビ)、銀河 万丈(ギレン・ザビ)、藤 真秀(サスロ・ザビ)、三宅 健太(ドズル・ザビ)、渡辺 明乃(キシリア・ザビ)、津田 英三(ジオン・ズム・ダイクン)、恒松 あゆみ(アストライア・トア・ダイクン)、喜山 茂雄(ランバ・ラル)、沢城 みゆき(クラウレ・ハモン)、茶風林(ジンバ・ラル)、池田 秀一(シャア・アズナブル)
ナレーション:大塚 明夫

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST