次作へ向け、アムロもお忍び偵察!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』初日舞台挨拶

潘めぐみ、池田秀一、田中真弓、安彦良和総監督

潘めぐみ、池田秀一、田中真弓、安彦良和総監督

安彦良和原作の「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」がアニメ化。第一章となる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』が2月28日(土)初日を迎え、都内にて舞台挨拶が行なわれ、総監督の安彦良和ほか、シャア・アズナブル役の池田秀一、キャスバル・レム・ダイクン役の田中真弓、アルテイシア・ソム・ダイクン役の潘めぐみが登壇した。

「刻(とき)が見える」そのような瞬間(潘)

「総監督というのはしっくりこない」という安彦は「年月を数えるのが難しいくらい年月が過ぎた。やっとここまで来たという感じ。ただ、一回きりの映画公演とは違って、この先も長い。この先は誰にも見えていない。不思議な状況」と今の気持ちをコメント。

「大物をやるのは久しぶり」という池田は「大変でした。冒頭の数分間でしたが、これでいいのかな…と」出番の少なさを申し訳なさそうに語りかけていた。また、キャスバル役の田中は「シャアという人もそうかもしれないが、表現をしない子」とキャスバルについて語り、普段やっているキャラクターと真逆といってもいいタイプのため「(自分が演じている)いろんな少年を彷彿とさせてはいけないと思うし、自分にものすごく縛りをかけてしまった」と苦労した現場を振り返った。

「皆さんの前に立たせていただく機会があるのは母(ララァ・スン役の潘恵子)の言葉を借りると『刻(とき)が見える』そのような瞬間」という娘の潘めぐみ。「後のセイラ・マスの原点となるので、演じる前はいろんなことを考えた」というが、実際演じている時にはほぼ考えずにやれたと語る。

このキャストの布陣を「お客さんのほうが僕よりご存知かと思う。僕は豪華さがわからない(笑)」と長年アニメを離れていた安彦がぶっちゃけると、池田は「あんなにアニメーションが嫌いになってやめていったから、二度と戻ってくるとは思っていなかった」と安彦への思いを伝え、さらに「現場では注文出さなくていいんです(笑)。安彦さんで居ていただければ」と「現場では見学者」と言っていた安彦をフォロー。しかし逆に「二章以降は注文出しますからね(笑)」と突っ込まれ「そこは穏便に…(笑)」と返し会場を笑わせた。

会場にはアムロがお忍びで偵察「任せて下さい!」(古谷)

最後に「人との出会い、別れ、愛おしさや悲しみ憎しみ、現実でも感じられる生き方が沢山詰まっている。この作品を愛して、紡いで、導いていってくだされば」(潘)、「私はここから本当にスタート。ガンダムは知っているけど中身を知らない方もいらっしゃると思うので、変声期後のキャスバルも楽しみにしています」(田中)と女性陣の挨拶に続き、「初心に帰ってキャスバルを始めたい」と決意を述べる池田からはさらに「噂によりますと、アムロ・レイが来ていると」と思わぬサプライズ発言が。

「『THE ORIGIN』を通じて“ガンダムとは何か”ということ知っていただきたくて始めた。新しい人にも入って欲しい。評判が良いと、未来が開ける」とまず今作をしっかりアピール。その上で、池田の発言に応じた安彦は「間もなく古谷さんの出番が入ります。二章にも出ていただきますので声を若返らせてお待ちください」と、なんと二階席にお忍びで来ていた古谷徹に呼びかけ、すかさず「任せて下さい!」と返事を返した古谷に会場からは大きな拍手が贈られた。

早くも次作、第二章について聞かれた安彦は「二章の最大の目玉は、池田さんがキャスバルの少年時代を演じると。どうなるんでしょう。大いに期待と不安で胸がいっぱい」と胸中を明かしつつ、「長丁場になると思います。出発点に一緒に立ったという記憶を共有していただきたい」と締めの挨拶でイベントを締めくくった。

会場には巨大なシャアザクの頭も(おそらく1/1スケール)

会場には巨大なシャアザクの頭も(1/1スケール)


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』
2月28日(土)~3月13日(金)2週間限定 全国13館にてイベント上映

【スタッフ】
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、阿久津 潤一
監督:今西 隆志
総監督:安彦 良和
企画・製作:サンライズ

【キャスト】
キャスバル・レム・ダイクン:田中真弓/アルテイシア・ソム・ダイクン:潘 めぐみ/シャア・アズナブル:池田秀一 ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

安彦良和

生年月日1947年12月9日(70歳)
星座いて座
出生地北海道紋別郡遠軽町

安彦良和の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST