斎藤工、BBCアースの新作で初のナレーション。日本を代表する俳優の仲間入り!

斎藤工

斎藤工

『アース』『ライフ-いのちをつなぐ物語-』『ネイチャー』などを手がけてきたBBCアースの新感覚ネイチャー・ドキュメンタリー映画『小さな世界はワンダーランド』。本作の日本語ナレーションを今最も注目を集める俳優の一人、斎藤工が担当する。

斎藤は、大人気ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(14・フジテレビ)でブレイク、2014年最もビューティーな人を表彰する「THE BEAUTY OF YEAR」を受賞するなど、絶大な人気を誇っている。これまでBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリーの日本語ナレーターは、渡辺謙(08『アース』)や、松本幸四郎・松たか子親子(11『ライフ』)、滝川クリステル(14『ネイチャー』)といった日本を代表する俳優たちが名を連ねてきたが、今回そこに堂々仲間入りすることになったのだ。

世界最高峰のネイチャー・ドキュメンタリーブランドBBCアースが、ピクサー・スタジオと夢のタッグを組んで生み出した新ジャンル<ドラマチック・ドキュメンタリー>の第1弾。まるでおとぎ話のような映像と極上のハートウォーミングなストーリーを掛け合わせて、44分間にぎゅっと凝縮された感動の映画になっている。


映画『小さな世界はワンダーランド』
2015年初夏 TOHOシネマズ 新宿 他全国順次ロードショー

STORY
神秘的な原生林に住むシマリスと、見渡すかぎり空っぽな砂漠に流れついたスコーピオンマウス。かれらは大人になるために、生まれて初めて家族と離れ、不思議の世界へ歩を進める。そこは、まるでおとぎ話の世界。しかし、このおとぎの国には、色彩豊かな生命たち以外にもキケンが常に付きまとう。彼らより大きく、おとぎ話でも悪役のクマやオオカミ、そして、いのちを狙うハンターたち、さらには、はじめて過ごす、来たる厳しい冬。彼らの世界を生き抜くため、そして、大人になるには、何もかもが一大事。初めて勇気をふりしぼり、 確かな一歩を踏み出す。小さいけれど世界一大きな成長ものがたり―。

監督/脚本/製作:マーク・ブラウンロウ『プラネットアース』
脚本/製作:マイケル・ガントン『ライフ -いのちをつなぐ物語-』
原題:TINY GIANTS3D/2014年/イギリス/カラー/5.1CH/ビスタ/44分/吹替翻訳:中島多恵子/提供:BBCワールドワイド ジャパン
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

斎藤工

生年月日1981年8月22日(37歳)
星座しし座
出生地東京都

斎藤工の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST