原発に翻弄された人生―映画『ナオトひとりっきり Alone in Fukushima』

ナオトひとりっきり Alone in Fukushima

福島県富岡町。原発事故による全町避難で無人地帯に。

ダチョウ、牛、猫、犬、イノブタ、ポニー、そして男がひとり。緑は生い茂り、いきものたちがのびのびと暮らしている。ここは福島第一原発から12キロにある福島県富岡町。原発事故による全町避難で無人地帯になった。高度経済成長の裏側で、カネに翻弄される人生を送ってきた松村直登・55才は、目に見えない放射能のリスクの中、町に残されたいきものたちとようやく自分の居場所を見つけた。季節はめぐり、いのちが生まれ、また消えて行く。地図から消されようとしている町に続くいのちを一年近く見つめ続けたドキュメンタリー。

ひとりぼっちのナオト、いきものたちの中に居場所を見つけた男

思えば原発に翻弄された人生だった。ナオトは、高校卒業後建設業について、福島第一・第二原発の建設にも関わった。その後、東京近郊で出稼ぎとして働いたが、バブル崩壊後は仕事が減って、福島県富岡町の実家に帰ってきた。原発があることで地元は潤っていて仕事も増えたが、妻と子供は家を出て行った。年老いた両親と暮らす日々。そこに起こった原発事故。日常は一変。人の人生をカネで解決しようとする不条理に納得できないナオトの唯一の抵抗、それは「ひとりここに残ること」だった。

電気もない、水道もない、無人の町で生きるナオトの圧倒的な孤独を救ってくれたのは、同じく町に置き去りにされた動物たち。ナオトは畜産家でも、動物愛護家でもなかった。しかしナオトにとって動物たちは「町の仲間たち」だった。犬や猫、ダチョウ……経験もないのについには牛の世話まで始めた。子猫が生まれる一方で、命を全うしていく老牛もいる。生きること、生かし続けること。その日々の闘いがナオトの新たに生きる道となる。

監督は、「ハリヨの夏」(06)、「孤独なツバメたち〜デカセギの子どもに生まれて」(12)など、運命に翻弄されながらも、自分の居場所を探し続ける人々を描いてきた中村真夕。放射能汚染された町の中で、穢れなきいのちを見つめ、本当の幸せとは何かを問う。


映画『ナオトひとりっきり Alone in Fukushima』
4月18日(土)より新宿K's cinemaにてロードショー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

NAOTO

生年月日1973年8月15日(45歳)
星座しし座
出生地大阪府高槻市

NAOTOの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST