世界一ダメなテディベア、再出没。『テッド2』の新写真&動画公開

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

見た目は愛くるしいテディベア、でも中身は下品な中年オヤジ―斬新すぎるキャラクター設定で世界中を爆笑させた“奇跡の”R指定テディベア『テッド』が帰ってくる! 公開された動画では、物語の詳細が明らかに。

バイト先で知り合ったタミ・リン(前作からの彼女)と結婚したテッドは、やがて子供が欲しいと願うように。しかしそのために必要なのは、テッドが人間であるという証明。困ったテッドは美人弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)に自身の弁護を頼み、法廷へと乗り込むが…。テッドとジョン(マーク・ウォールバーグ)の“雷兄弟”のパワーアップしまくりのおふざけにも注目だ。

  • 『テッド2』/(C)Universal Pictures
  • 『テッド2』/(C)Universal Pictures

『テッド2』
8月28日(金)、再出没。

監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン
出演者:マーク・ウォールバーグ、アマンダ・セイフライド 他
北米公開:2015年6月26日

このタグがついた記事をもっと見る

テッド

テッド

出演者 マーク・ウォールバーグ  ミラ・クニス  ジョエル・マクヘイル  ジョバンニ・リビジ  パトリック・ウォーバートン  マット・ウォルシュ  ジェシカ・バース  エイディン・ミンクス  ビル・スミトロヴィッチ  ノラ・ジョーンズ
監督 セス・マクファーレン
製作総指揮 ジョナサン・モーン
脚本 セス・マクファーレン  アレック・サルキン  ウェルズリー・ワイルド
音楽 ウォルター・マーフィ
概要 少年時代に奇跡が起こって以来、喋るテディベアと無二の親友として育った主人公が、今や立派な不良エロオヤジと化した相棒に手を焼くさまを、過激な下ネタギャグ満載で描いた大人向けの痛快コメディ。主演はマーク・ウォールバーグ、共演にミラ・クニス。監督はこれが長編デビューのセス・マクファーレン。1985年。クリスマスの夜に奇跡が起こり、孤独な少年ジョンの大好きなテディベア“テッド”が人間のように動いて喋り出す。以来、片時も離れず友情を育んだジョンとテッド。27年後、ジョンはすっかりダメ中年オヤジに成長し、一方のテッドは見た目は変わらずも中身はジョンに輪を掛けて不良で下品なエロオヤジになっていた。そんなテッドの存在に、ついにジョンの恋人ロリーの怒りが爆発し…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マーク・ウォールバーグ

生年月日1971年6月5日(47歳)
星座ふたご座
出生地米・マサチューセッツ

マーク・ウォールバーグの関連作品一覧

ミラ・クニス

生年月日1983年8月14日(35歳)
星座しし座
出生地ウクライナ・チェルニウツィー

ミラ・クニスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST