ももクロ主演『幕が上がる』早くも興収1億円突破の大ヒットスタート

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

青春映画の巨匠も絶賛

ももいろクローバーZ主演×本広克行監督×平田オリザ原作の映画『幕が上がる』。公開館数は2月28日(土)初日の週末ランキングトップ10圏内の映画では最も少ない127館ながら、館アベレージ(一館あたりの平均興収)は『アメリカン・スナイパー』についで2位。ももいろクローバーZのメンバーが127の全上映劇場で舞台挨拶を実施する全国行脚作戦(3月1日時点で56館達成)を中心に、様々なゲリラプロモーションやタイアッププロモーションを敢行中。全国行脚では、各地に散らばったメンバーが、舞台挨拶やマスコミ取材だけではなく、観光地やショッピングモールを訪れてチラシを巻いたり、書店に立ち寄ったり、とにかくももクロらしい突発的で想定外の宣伝活動を積極的に実施。

また、青春映画の巨匠・大林宣彦監督から「ももクロを全く知らない私は、普通の女の子が出演した映画として『幕が上がる』を観た。これはアイドルを使ったアイドル映画ではない。とても愛おしい、正統派で古典的な青春映画。本広監督、お見事!」と絶賛のコメント贈っている。このように、ももクロのファン以外の評価も非常に高く、文部科学省の選定や東京都優良映画の推奨も受けた本作。3月11日(水)からは映画の裏側に迫るドキュメンタリーの上映も始まるので、これからのロングランヒットにもますます期待がかかっている。


映画『幕が上がる』
新宿バルト9他にて全国公開中

原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)
監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、黒木華
製作:フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ
配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映
(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST