アカデミー賞監督と室井佑月のトークイベント開催決定!

室井佑月とミシェル・アザナヴィシウス監督

室井佑月とミシェル・アザナヴィシウス監督

2011年、現代の白黒無声映画『アーティスト』でアカデミー賞作品賞、監督賞ほか全5部門を受賞し、その比類なき才能を全世界に知られることになったミシェル・アザナヴィシウス監督。1948年にアカデミー賞4部門ノミネートされたフレッド・ジンネマン監督『山河遥かなり』から着想を得て製作した最新作『あの日の声を探して』が4月24日(金)より公開される。

公開を記念し、3月18日(水)、19日(木)に来日予定のミシェル・アザナヴィシウス監督が、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIにてトークショーイベントに参加することが決定! お相手は、小説・エッセイなど多数発表され、テレビでの活躍もめざましい室井佑月氏。当日は入場無料、さらに先着でドリンクのサービスもあるとのこと。この貴重な機会をお見逃しなく!

イベント概要

■日時:3月19日(木)/18:30開場 19:00~19:30イベント
■場所:TSUTAYATOKYOROPPONGI
■登壇者:ミシェル・アザナヴィシウス監督(『アーティスト』)、室井佑月
■トークテーマ:「フランス映画の今」、「戦争と子供」、「終わりなきテロとの戦い」、「国際社会と日本」など
※イベントはどなたでもご覧いただけます。
※TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店頭もしくはお電話で事前参加申込を頂いた方先着でドリンクサービス付きのお席をご用意いたします。
※お席へのご案内は当日開場時の先着順と致します。※開場は18:30を予定しております。
※事前申込にて準備するお席が満席となった場合は立見となりますので予めご了承ください。
★事前申し込み、お問い合わせ先:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI tel:03-5775-1515


映画『あの日の声を探して』
4月24日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

<STORY>
1999年、チェチェンに暮らす9歳のハジは、両親を銃殺されたショックで声を失ってしまう。姉も殺されたと思い、まだ赤ん坊の弟を見知らぬ人の家の前に捨て、一人放浪するハジ。彼のような子供さえも、ロシア軍は容赦なく攻撃していた。ロシア軍から逃げ、街へたどり着いたハジは、フランスから調査に来たEU職員のキャロルに拾われる。自分の手では何も世界を変えられないと知ったキャロルは、せめて目の前の小さな命を守りたいと願い始める。ハジがどうしても伝えたかったこととは?生き別れた姉弟と再び会うことができるのか―?

監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス(『アーティスト』)
出演:ベレニス・ベジョ(『アーティスト』)、アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』)、アブドゥル・カリム・ママツイエフ、マキシム・エメリヤノフ
原題:THE SEARCH/2014年/フランス・グルジア合作/135分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳訳:寺尾次郎
原案:フレッド・ジンネマン『山河遥かなり』
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST