『人狼ゲーム ビーストサイド』樺山由佳役・土屋太鳳インタビュー

ヨーロッパ発祥の心理ゲームを題材にしたサスペンスの第2弾『人狼ゲーム ビーストサイド』。今回は人を殺す役目を負った人狼の視点から、理不尽なゲームに巻き込まれた若者たちの過酷な運命を描く。“人狼”に選ばれ、“村人”をあざむき一人ずつ殺していかなくてはならない樺山由佳を演じた土屋太鳳に話を聞いてみた。

人狼ゲーム ビーストサイド

自分の“ものさし”をなくして演じました

私が演じた由佳は、本当は普通の子なんだと思います。でも、強制的にゲームに参加させられたことで歯車が狂い、自分を見失ってしまっているんですよね。人はときに暴走してしまうことがありますが、その象徴が由佳なのではないでしょうか。演じるうえで、これまでは自分の心の“ものさし”を使って考えていたんですが、由佳はそのものさしを一度なくさないといけない役でした。

今振り返るといい経験をさせていただいたと思うのですが、撮影中はとても辛かったです。1週間で撮ったので、肉体的にもそうですが、精神的にも辛かったです。というのも、「話が変わらなければ何をしてもいい」と監督から言われ、アドリブも多かったので自分を追い込むことが必要だったんです。しかも順撮りだったので、一人ずつ(殺されて)いなくなっていく感じがリアルで、その状況に怒りさえ覚えました。

楽しいお話とは言えませんが、観る人の状況によって感じ方が変わるはずなので、友達同士で集まって観ていただいて、自分がどう感じたのかを話し合うのもいいんじゃないかなと思います。

◆PROFILE

土屋太鳳

'95年東京都生まれ。'05年のスーパー・ヒロイン・オーディション MISS PHOENIXで審査員特別賞を受賞。現在1st写真集「DOCUMENT」が発売中。主演を務めるNHK連続テレビ小説『まれ』が3月30日から放送開始。

『人狼ゲーム ビーストサイド』

『人狼ゲーム ビーストサイド』

'14年・日
監督/熊坂出
出演/土屋太鳳、森川葵、青山美郷、藤原季節、佐久間由衣、小野花梨、加藤諒、育乃介、國島直希、桜田通
【セル】3,800円(税抜)、5,700円(税抜/プレミアム・エディション)

(取材・文:馬場英美)

(C) 2014「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

土屋太鳳

生年月日1995年2月3日(23歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

土屋太鳳の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST