伝説のモヒカン野郎からメッセージも! 映画『マッドマックス』生誕祭

シリーズの大ファンであるお笑い芸人・玉袋筋太郎と

シリーズの大ファンであるお笑い芸人・玉袋筋太郎と

第一作となる『マッドマックス』が、1979年4月12日にオーストラリアのメルボルンで初公開されたことにちなみ、2015年4月12日(日)、都内にて『マッドマックス』生誕祭イベントが開催された。

こういったアナーキーな映画が観られることがありがたい

会場には、全身をマッドマックスさながらの革ジャンスタイルで来場するファンの姿も多く、その熱量の大きさが見受けられた。デジタルで甦った『マッドマックス2』の上映が終わると拍手が巻き起こり、串田アキラによる公開当時の日本版主題歌「1979 Rollin' into the Night」がBGMで流れると、「たまらんね~」、「わかってるね~」と言いながら『マッドマックス』仕様のライダース姿で玉袋筋太郎が登場。

「第一作目の時は小学生だった自分が、この曲で出てこれるなんて思ってませんよ! 生きててよかった~!」と早速場内を湧かせ、しかもこのイベントのためにエンジニアブーツを購入したことも告白。さらに「昨晩も、一昨日も『マッドマックス』観ちゃった。呑みながら、観たら余計酔いが回った笑」と本人も気合十分!

最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』については、「やっぱり、このご時世にこういったアナーキーな映画が観られることがありがたい。あの時の衝撃を、おそらく今の若者たちは知らない。本作を観て、その衝撃をモロに受けて、それで『マッドマックス』の過去作品を観てほしい」と若い世代たちへも熱いメッセージを贈った。

この日、トークの合間には、『マッドマックス2』で鮮烈な印象を残した伝説の“赤いモヒカンの男”ウェズ・ジョーンズを演じたヴァーノン・ウェルズからのビデオメッセージが上映され、6月に東京、大阪、長野で開催予定のマッドマックスファンイベントのために来日するというビッグニュースも発表された。

また、『マッドマックス』(1979)と『マッドマックス2』(1981)、そして『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の一気観上映が緊急決定したという。詳細は続報にて。


映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
6月20日(土)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他 全国ロードショー

出演:トム・ハーディ、シャリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ネイサン・ジョーンズ
監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソーリス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

串田アキラ

生年月日1948年10月17日(69歳)
星座てんびん座
出生地神奈川県横浜市

串田アキラの関連作品一覧

玉袋筋太郎

生年月日1967年6月22日(51歳)
星座ふたご座
出生地東京都新宿区

玉袋筋太郎の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST