マーティン・スコセッシがネームクレジットで称賛の意を表した映画史に残る至高の1作『サイの季節』

ポスタービジュアル

ポスタービジュアル

映画史に残る至高の1作

イラン人監督バフマン・ゴバディの最新作『サイの季節』は、実在するクルド系イラン人の詩人サデッグ・キャマンガールの実体験を基に描かれた衝撃的なドラマ。第37回トロント国際映画祭でプレミア上映され、第60回サン・セバスチャン国際映画祭では最優秀撮影賞を受賞、その後、第17回釜山国際映画祭、第13回東京フィルメックス等数々の国際映画祭での上映と受賞を重ね、あのマーティン・スコセッシがネームクレジットで称賛の意を表した映画史に残る至高の1作だ。

イラン政府に許可を得ず撮影した前作『ペルシャ猫を誰も知らない』(09)以来、亡命状態を続けているゴバディが母国を離れ、異国の地トルコで撮影したことでも注目を集めている本作。デビュー作『酔っ払った馬の時間』(00)でカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞し、その映像美に定評のあるゴバディの、大胆な構成力と魅惑的な審美眼がつくりだす混乱と陶酔の映像世界は、観る者を現実と幻想の魔法的な交錯に引き込む。

主演を務めるモニカ・ベルッチは、本作で自身初となるクルド人女性を演じ、ペルシャ語も披露。30年に渡る時代の流れを若々しい美女から老女に至るまで、艶やかに体当たりで見事に演じきった。


映画『サイの季節』
7月11日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

その残酷なたくらみに、愛し合う2人はすべてを奪われた――30年間の記憶が暴く、許されざる罪と嘘

イスラム革命時、ある男の企みによって不当に逮捕された詩人サヘル(ベヘルーズ・ヴォスギー)。30年後に釈放され、生き別れとなった最愛の妻ミナ(モニカ・ベルッチ)の行方を捜し始めるが、政府の嘘によって彼はすでに「死んだ」ことにされていた。一方、夫の死を信じ込まされ、悲嘆にくれるミナにはある男の影がまとわりつく。その人物こそがサヘルを監獄送りにし、ミナとの間を引き裂いた男アクバル(ユルマズ・エルドガン)だった…。

製作・監督・脚本:バフマン・ゴバディ『亀も空を飛ぶ』『ペルシャ猫を誰も知らない』
提供:マーティン・スコセッシ『ヒューゴの不思議な発明』
撮影:トゥラジ・アスラニ
出演:ベヘルーズ・ヴォスギー、モニカ・ベルッチ、ユルマズ・エルドガン、カネル・シンドルク
2012/イラク・トルコ/スコープサイズ/DCP/93 分/カラー/ペルシャ語・トルコ語・英語/日本語字幕:大西公子、監修:ショーレ・ゴルパリアン
原題『Fasle kargadan』、英題『Rhino Season』
提供:新日本映画社、コムストック・グループ
配給・宣伝:エスパース・サロウ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

バフマン・ゴバディ

生年月日1969年2月1日(49歳)
星座みずがめ座
出生地イラン

バフマン・ゴバディの関連作品一覧

マーティン・スコセッシ

生年月日1942年11月17日(75歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

マーティン・スコセッシの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST