映画ランキングデータで判明!「POPEYE」読者=シティボーイの映画感度

ベン・スティラー主演の『LIFE!』/(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

ベン・スティラー主演の『LIFE!』/(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

シティボーイからの絶大な支持を受けて、今絶好調な男性ファッション誌「POPEYE」が5月9日に発売する最新号は、初となるほぼまるごと一冊「映画」についての特集。その名も「僕の好きな映画。」。そもそも、「シティボーイ」ってさも知ったかのように書いているけど、一体何なのよ? ということもあろうかと、調べました。シティボーイ=都会風の感覚を身につけ、流行に敏感な若い男性。(コトバンクより)という前提から、彼らが観ている映画は通常の人とどれだけ違うのか、TSUTAYAのレンタルDVDランキングを元に検証してみた。

通常の20~30代男性レンタルDVDランキング

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

集計期間:2014年4月1日~2015年4月1日、全国のTSUTAYAが対象

POPEYE読者
1 (4) アナと雪の女王
2 (18) 土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI
3 (21) MONSTERZ モンスターズ
4 (11) 永遠の0
5 (3) 風立ちぬ
6 (25) るろうに剣心 京都大火編
7 (13) 謝罪の王様
8 (30) 映画「闇金ウシジマくんPart2」
9 (33) るろうに剣心 伝説の最期編
10 (12) 清須会議

…一般男性のランキング=通常世に出るランキングである。正直ヒット作揃いのため、「なるほどな」という感想しかないのだが、なんと洋画はTOPのアナ雪のみで残りは全て邦画! POPEYE読者との被りはTOP10でも2つだけ。では、POPEYE購読者はどうか?

POPEYE購読者の20~30代男性レンタルDVDランキング

(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

集計期間:2014年4月1日~2015年4月1日、全国のTSUTAYAが対象

全国通常
1 (18) ウルフ・オブ・ウォールストリート
2 (33) LIFE!/ライフ
3 (5) 風立ちぬ
4 (1) アナと雪の女王
5 (39) 渇き。
6 (29) 凶悪
7 (58) 地獄でなぜ悪い
8 (30) キック・アス ジャスティス・フォーエバー
9 (35) 悪の法則
10 (13) ゼロ・グラビティ

…お互いの順位を見比べると一目瞭然。POPEYE読者になると洋画が6作品となり、選定作品のテイストもガラリと変化しているのが分かるだろう。

1位はマーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオのおなじみのコンビ作。26歳で証券会社を設立、年収約49億円を稼ぎ出し、10年間の栄光の果てに楽園を追放された男の物語。ダイナミックな成功の物語にアコガレを見出しているのか…?

2位は『ズーランダー』『トロピック・サンダー』『ナイトミュージアム』など、コメディならこの人! のベン・スティラー主演作だが、コメディ作品ではない。雑誌に掲載する写真を巡って北欧を旅する、(結果)ロードムービー。観た人観た人絶賛の嵐で、それは流行に敏感なシティボーイたちの周りでもそうだったのかも。

その他「悪の法則」などは『エイリアン』『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督×豪華共演陣ということもあるが、渋いチョイス。一方で邦画の「渇き」(「告白」の中島哲也監督作)、「地獄でなぜ悪い」(園子温監督作)など癖はあるが、これらも映画好きなら必ずチェックしているようなタイトルがきっちりランクイン。

結論=オシャレ以外にも意識高めか

世間一般でランクインしているものがことごとくランクインしていない辺り、独自の世界観が構築されていることがわかった。世間で流行っているものとなんとなく観ているのではなく、自分が好きな人(や雑誌など)のリコメンドを受けて自分のものにしている感がある結果だと言えるだろう。なんだ、シティボーイ、映画好きじゃん。

つまりは、そんな感度の高い人達に向けてPOPEYEが初めてお届けする映画特集号「僕の好きな映画。」。シティボーイはもちろん、それに憧れる人にも間違いなく必見の一冊なのである。発売日は5月9日(土)なのでお忘れなく!

→Special特集「POPEYE 僕の好きな映画。」

POPEYE 6月号

POPEYE 6月号
2015年5月9日(土)発売

映画特集って、なんとなくいつも上から目線じゃありませんか? あの感じは、とにかく嫌だ。ポパイが作る映画特集は、下から目線。「最近映画観ていないなー」というあなたのために、面白そうな映画の話をしようじゃないか。

POPEYE(マガジンワールド)

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST