『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』監督・犬童一心インタビュー

犬童一心

主人公の光役に嵐の相葉雅紀、ヒロイン杏奈役に榮倉奈々を迎え、男女4人のすれ違う思いを描いた『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』。監督・犬童一心が舞台裏を語る。

初々しい恋の行方を楽しんでください

相葉君とは、嵐が主演した映画『黄色い涙』で、榮倉さんとは『のぼうの城』で一緒に仕事をしました。今回はそんな二人の俳優としての成長を感じられて、とても楽しい現場でしたね。

相葉君には、ほかの人にはない魅力があります。それは、まっすぐで不器用なキャラクターに説得力を持たせられるという部分。光は自分のダークサイドを幼少期に置いてきて、善の部分だけで生きてきたという設定ですが、相葉君はそんな人物を違和感なく演じられる。アニメーションで登場する“デビクロくん”と会話するシーンも、とても自然でしたね。榮倉さんは、従来の優秀さに加えて、スピーディな演技をしていても感情をコントロールできるようになって、彼女が本屋で思いをぶつけるシーンも一発でOKでした。

終盤、山下達郎さんの『クリスマス・イブ』が流れるなか、光が街を走るのですが、相葉君はスタイルがいいですし、観ている方もカタルシスを感じられるはず。光と杏奈の初々しい恋の行方を楽しんでください。

(取材・文:前田かおり/撮影:江藤海彦)

◆PROFILE

'60年東京都生まれ。『二人が喋ってる。』('97)で長編監督デビュー。以降、『ジョゼと虎と魚たち』('03)や、樋口真嗣と共同監督を務めた『のぼうの城』('12 )などの話題作を手がける。連続ドラマW『夢を与える』が放送中。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』

5.27 RENTAL & ON SALE
'14年・日
監督/犬童一心
原作/中村航
脚本/菅野友恵
出演/相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真
声/劇団ひとり
【セル】3,800円(税抜)、6,800円(税抜/愛蔵版)、4,700円(税抜/ブルーレイ)、7,700円(税抜/ブルーレイ愛蔵版)

(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 ©2013 中村航/小学館

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

犬童一心

生年月日1960年6月24日(58歳)
星座かに座
出生地東京都

犬童一心の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST