紫舟が“5つの感情たち”を表現! ディズニー/ピクサー新作映画『インサイド・ヘッド』

(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 

映画史を変えた世界初の長編フルCGアニメーション『トイ・ストーリー』以来、20年にわたり世界中に驚きと感動を贈り届けてきたディズニー/ピクサーが贈る待望の最新作『インサイド・ヘッド』。この度、書家でアーティストの紫舟が描いた“漢字”ビジュアルが公開された。

「モンスターズ・インク」のピート・ドクター監督の6年ぶりとなる本作は、彼の娘の成長からインスピレーションを得て制作された、無限に広がる“頭の中”の世界を描いた感動の冒険ファンタジー。住み慣れた土地を離れ、慣れない新生活を始める11歳の少女ライリーの中にいる“5つの感情たち”――「楽しい気分にする“ヨロコビ”、悲しい気分の時に現れる“カナシミ”怒りを爆発させる“イカリ”、嫌いなものから守る“ムカムカ” 危険から身を守る“ビビリ”」が予想もつかない冒険を繰り広げる。

今回、彼らを漢字で表現するのは、書家・紫舟。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字、政府関連イベントの様々な題字などを手がけ、「いつかハリウッド映画のタイトルを書きたい」という夢をもつ映画好きでもある彼女。“5つの感情たち”を書く上で「漢字は、ひとつの意味だけでなく、複数の意味を持っています。制作時は、映画に出てくるそれぞれのキャラクターがもつ感情の体現化に努めました」と語っている。

「喜」太陽のように明るく朗らかな気持ち、赤ちゃんが生まれた時の一番最初の感情と言われる「喜」を表現
「悲」悲しみがあることによって喜びが大きくなる。感情として必要で、いとおしくなる「悲」に表現
「怒」ポジティブで正義を貫き、よい方向に導く感情としての「怒」。怒っていても、愛らしくも感じられるよう表現
「怖」怖=繊細で危険に気づくのが早い。「石橋を叩いて渡る」という言葉のように、安全でいるための役割を果たす「怖」。
「嫌」嫌いなものを事前に察知して拒絶することで人を守り幸せに導く「嫌」

なお、この“漢字”ビジュアルは、5月1日より全国劇場にて順次掲出されるとのことなので、劇場でのチェックもお忘れなく。


映画『インサイド・ヘッド』
7月18日(土)全国ロードショー

監督:ピート・ドクター
共同監督:ロニー・デル・カルメン
製作:ジョナス・リヴェラ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ピート・ドクター

生年月日1968年8月10日(50歳)
星座てんびん座
出生地米・ミネソタ・ブルーミントン

ピート・ドクターの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST