5月25日は「ターミネーターの日」!! に正式認定される

『スター・ウォーズ』に負けじと!?/(C)Paramount Pictures 2014. All Rights Reserved

『スター・ウォーズ』に負けじと!?/(C)Paramount Pictures 2014. All Rights Reserved

全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の公開を7月11日(土)に控え、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーにとって嬉しいニュースが飛び込んできた。

日本記念日協会が正式に認定

なんと、5月25日が「ターミネーターの日」として、日本記念日協会が正式に認定されたのだ。これは、シリーズ第1作目である『ターミネーター』が、ちょうど30年前となる1985年5月25日に日本公開されたことを記念して認定されたもの。

「アーノルド・シュワルツェネッガー殿」と明記された額に入った記念日登録証を手にし、快く笑顔で記念撮影に応じたシュワルツネッガーは「またターミネーター役に戻って来られてうれしかった」と語っている。なお、30年前に初めて演じたキャラクターを演じることに関して、「素晴らしいサプライズだったね。30年も経ってから、同じ俳優に同じ役で出演オファーがかかるなんて、ものすごく稀なことなんだ。とても光栄に感じたよ」と感慨深げ。

ターミネーターと言えばシュワ、シュワと言えばターミネーター。まさに一心同体である本作において、シュワルツェネッガーが30年前の『ターミネーター』1作目の自分(=ターミネーター)と対峙し対決する「シュワVSシュワ」のシーンも大きな見どころ。「昔の自分を見るなんて夢みたいだ」と、シュワ本人にとっても驚愕のシーンになっている。ちなみに「5月25日はターミネーターの日」と登録されたのは4月8日。シュワの日(非公式)。


映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー!

日本公開:2015年7月、全米公開:2015年7月1日
監督:アラン・テイラー(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)、エミリア・クラーク(サラ・コナー役/「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)、ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー役/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)、ジェイ・コートニー(カイル・リース役/『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)、イ・ビョンホン(T-1000役/『G.I.ジョー バック2リベンジ』)ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アーノルド・シュワルツェネッガー

生年月日1947年7月30日(71歳)
星座しし座
出生地オーストリア・シュタイアーマルク

アーノルド・シュワルツェネッガーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST