『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が、『Zアイランド』の品川ヒロシ監督を絶賛。直筆コメントを贈る

芸能生活30周年を迎えた哀川翔主演最新作『Zアイランド』は、『ドロップ』『漫才ギャング』の品川ヒロシ監督がおくる、絶海の孤島を舞台にした超絶アクション・エンタテインメント! 鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、湘南乃風RED RICE、風間俊介、窪塚洋介、シシド・カフカ、そして鶴見辰吾ら豪華キャストらを纏め上げ、新たな境地を開く品川ヒロシ監督に海の向こうから熱いメッセージが贈られた。

頭が良くないとこの様な作品は撮れない

イ・ジェハン氏直筆イラスト

イ・ジェハン氏直筆イラスト

そのメッセージの送り主は、『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』などの監督として知られ、韓流スターのソン・スンホン主演最新作『第3の愛』(日本での公開は未定)を控えるイ・ジェハン氏。

本作について「『Zアイランド』は、心から大好きな映画です。最初観た時もとても楽しみましたが、2回目に観た時、大好きなホラー映画作品の1本になりました。知的で、滑稽で、大胆で、アバンギャルド…そして大量の血! …品川監督の最高傑作…作品が持つ知的さにとても驚かされました。頭が良くないとこの様な作品は撮れないです。感動的なところもありましたし。哲学的に見るなら、この映画の中心となっていることは、ユニバーサルなもので、今日世界中で腐敗している社会への寓話です。絶対お勧めです。思慮深い楽しさと思慮のない楽しさが両方ある作品です。」と大絶賛。

また、併せて到着した直筆コメント内では、映画タイトルを活用して、Z、Intelligent(知的)、hilariouS(とても楽しい)、boLd(大胆)、Avantgarde(アバンギャルド)、shiNagawa at his best!(品川監督作品の中で一番!)、all blooD!(大量の血!)というような、イ・ジェハン監督流の頭文字語を作成!本作に登場する“Z<ゼッーーット!>”!をイメージしたイラストや「GO WATCH! GO WATCH!」というアツいメッセージも込められている。


映画『Zアイランド
5月16日(土) 全国公開

哀川 翔、鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、RED RICE(湘南乃風)
大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)、山本舞香、水野絵梨奈、般若、篠原ゆき子、シシド・カフカ
風間俊介、窪塚洋介、中野英雄 / 鶴見辰吾
監督・脚本:品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業 (C)2015「Zアイランド」製作委員会

dTV『Zアイランド~関東極道炎上篇~』
配信開始日:4月27日(火)※最終話配信日:5月15日(金)
配信話数:全4話 ※1話約15分

<ストーリー>
総勢13人の無法者による、プライドを賭けたバトルの果て―最後に笑うのは誰だ。

舞台は映画「Zアイランド」の10年前―。
西の反町組組長・反町(木村祐一)は、勢力拡大を図るため、関東で一大勢力を誇っていた東の宗形組組長・宗方(哀川 翔)との抗争のきっかけを探っていた。そんなとき、宗形組の弟分・関東狂走会が反町組と衝突したことをきっかけに遂に抗争が開始。武闘派組長、極悪非道の宿敵、元自衛官の半グレら総勢13人の無法者による命とプライドを賭けたバトルは、血みどろの結末へと加速していく―。

監督・脚本:品川ヒロシ(代表作:『ドロップ』『漫才ギャング』『サンブンノイチ』)
出演:村上淳、上地雄輔、木村祐一、宮川大輔、RED RICE(湘南乃風)、大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)、中尾明慶、黒沢あすか、住谷正樹(レイザーラモンHG)、遠藤要、庄司智春 / 鶴見辰吾 / 哀川 翔
主題歌:湘南乃風「Z~俺等的逆襲~」(TOY'S FACTORY)
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作協力:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ
製作著作:(C)BeeTV

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST