天海祐希「私の一生の宝ものが一つ増えました」と自信。≪ゲキ×シネ≫『蒼の乱』初日舞台挨拶レポ

(左から)早乙女太一、松山ケンイチ、天海祐希、平幹二朗

(左から)早乙女太一、松山ケンイチ、天海祐希、平幹二朗

今年35周年を迎える劇団☆新感線。その話題の舞台を映画館で体感する新感覚の映像エンターテイメント≪ゲキ×シネ≫の最新作にして最高傑作との呼び声が高い『蒼の乱』が、5月9日に初日を迎え、都内にて舞台挨拶が行なわれた。当日は、主演の天海祐希、松山ケンイチに加え早乙女太一と平幹二朗もゲストに登場。「これからたんまりと『蒼の乱』の世界に浸ってください。絶対楽しんで頂けると思います」と自信を見せる天海の言葉、そしてお客様のほぼ9割がリピーター(舞台を観たことがある)という、ある意味ホームグラウンドなか、イベントは和気あいあいと進んでいった。

劇団☆新感線という存在感

天海は座長の存在感で常に気配り

松山ケンイチ。ヒゲもさっぱりでワイルドさも抜けた本来の姿に

舞台では初の座長を務めた天海は「色んなものにに押し潰されそうだったけど、これだけの人たちが一緒に舞台に立ってくれると思うと気が楽になった。最後(の公演)、カーテンコールで挨拶するときにはこの気持ちが伝われと思ったのを覚えている」と振り返り、劇団☆新感線に初参加の松山も「劇団☆新感線は大好きだったし、役者をやっているからには出たかった。でも僕は上がり症で…。ゲネプロ(公演前の全体リハーサル)の時は足が震えていた。でも公演を通じてみんなとフルマラソンした気分。いい勉強させていただきました」と続いた。

劇団☆新感線に参加するのが今回3回目の早乙女は「今までは緊張とプレッシャーで縮こまっていたけど、今回はそういうことを考えるのをやめて思いっきり楽しもうと思ったし、楽しく出来た」と充実した舞台になったよう。しかも、劇団☆新感線の橋本じゅんからは「松山さん演じる小次郎にツッコむような役なので、そのレクチャーを受けていました。じゅんさん曰く“生物なので、その時の空気と、それに至る自分の感情をいれろ”と」そして劇団☆新感線は「自分にとっては大きな場所」ともコメント。

劇中では弟との兄弟対決も見どころ

圧倒的な存在感を放っていた平幹二朗

一人二役を演じる平は「自分は一人っ子だが、兄弟の役で。両方共いい面と悪い面のある役でしたが、兄貴の悪さを演じるほうがちょっと面白かったです。キャリアの半分以上は悪役をやっているので、引き出しはありますから。久しぶりにやる悪役で楽しめました」とこの舞台を楽しんだそう。しかし「女役の時はとても美しく、男役の時は凛々しい」という天海に見とれて度々名前を忘れてしまったこともあったと告白。しかしその機転のきかせ方や引き出しの多さに松山は「僕なら止まっちゃいますよね。考えるけど材料がない」と脱帽。

最後には「芝居は一回限りで皆さんの記憶にしか残らない。DVDは記録はするけど熱は伝わりにくい。ゲキ×シネでは劇の密度とシネマの流動感が掛け合わさって、今まで体験したことのないスペクタクルになっている。インドのボリウッド映画に負けないくらい」(平)、「舞台を観たことがある方もいろんな発見があると思うし、見どころがいっぱい詰まっている」(早乙女)、「今回の作品はアツい作品。演じている時も、火が出ているようなイメージを持っていて、(将門小次郎は)それくらい情熱を持って生きているキャラクター。その熱さが伝われば」(松山)、「劇団☆新感線や素晴らしいキャストの皆さんとご一緒させていただきました。こんなに熱い舞台を作ることができました。私の一生の宝ものが一つ増えました」(天海)とそれぞれが改めて自信作として作品をPRし、イベントを締めくくった。


ゲキ×シネ『蒼の乱』
大ヒット上映中

作/中島かずき
演出/いのうえひでのり
出演/天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一、梶原善、森奈みはる、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅん、平幹二朗 ほか
配給/ヴィレッヂ/ティ・ジョイ
(C)2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

天海祐希

生年月日1967年8月8日(51歳)
星座しし座
出生地東京都

天海祐希の関連作品一覧

松山ケンイチ

生年月日1985年3月5日(33歳)
星座うお座
出生地青森県むつ市

松山ケンイチの関連作品一覧

早乙女太一

生年月日1991年9月24日(27歳)
星座てんびん座
出生地福岡県太宰府市

早乙女太一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST