『海街』カラーのブルーカーペットに綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4姉妹が登場! カンヌ行きも報告

(左から)広瀬すず、長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆

(左から)広瀬すず、長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆

写真:杉野正和(Kiitos)

小学館「月刊フラワーズ」にて大人気連載中、吉田秋生のコミック「海街diary」が、是枝裕和監督によって実写映画化。5月13日から24日まで開催される「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることも決定している。そんな一大イベントも控えるなか、都内にて綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4姉妹に加え、大竹しのぶ、風吹ジュン、リリー・フランキー、是枝監督の豪華出演者が登壇する完成披露イベントが行なわれた。

作品をイメージして作られた紫陽花が咲き誇る舞台上へゲストが登壇すると、会場からは大きな歓声があがり、熱気に包まれたままイベントはスタート。さらに舞台上では、5月14日に上映が決定しているカンヌ国際映画祭へ、綾瀬、長澤、夏帆、広瀬の4姉妹が是枝監督と共に参加することも明かされ、会場をさらに盛り上げた。

―幸(サチ)という、両親のいなくなってしまった家を守り、さらに腹違いの妹までひきとって面倒をみようとするとてもしっかりとした<長女>役を演じられましたが、いつもの綾瀬さんのイメージとは違った印象を受けました。

綾瀬と夏帆

綾瀬と夏帆

綾瀬:私が演じた長女はすごく生真面目で不器用で背負っているものがたくさんあります。あれが本当の私です!

長澤:しっかり者でみんなをひっぱってくれるし頼りがいのある方ですね。でもジョークもたくさん言います(笑)

夏帆:笑わせてくれます(笑)

広瀬:はじめてお会いしてからTVでみる綾瀬さんのまんまだなと思いました!

―次女・佳乃(ヨシノ)は、自由奔放なキャラクターでありつつ、繊細な部分も合わせもつ役ですが、佳乃との共通点ありましたか?

広瀬すず、長澤まさみ

広瀬すず、長澤まさみ

長澤:次女として割と家族の問題に関して意識していたり、周りに気を配っている人ですね。おちゃらけているところは似ているけど、佳乃ほどお酒は呑めません(笑)性格は正反対だと思います。

―個性的でマイペースな三女・千佳(チカ)を演じるにあたり、気をつけた点などありましたか? またこの作品は、食事のシーンがたびたび登場するのですが、特に夏帆さん演じる千佳がすごく美味しそうに食べるので、観ているこっちもお腹がすきました。

夏帆:常にフラットな気持ちでいることに気をつけました。撮影での食事は本当に美味しくて、カメラが回っていないときでもみんなすごい食べていました!

―腹違いの四女・すず役を演じてみていかがでしたか?

広瀬:映画の中で最初はお姉さんたちと距離をとっているけど、だんだんと家族になってその距離が縮まっていく感じが実際の現場でもそうだったので、そういうところも映画の中で表れていると思います。綾瀬さんは、一番年が離れているけど楽しくお話させてもらったし、長澤さんは地元が同じだったんですが、たくさん笑わせてくれました。夏帆さんは一番が歳が近くて、映画の中でも一番仲が良いので一番姉妹っぽかったかもしれません。みなさん本当に可愛がってくれました!

4姉妹

4姉妹

―穏やかな日常に一石を投じられるような三姉妹の母親を演じた大竹さん。現場での様子や四姉妹と共演はいかがでしたか?

大竹しのぶ、是枝裕和監督

大竹しのぶ、是枝裕和監督

大竹:女優さんが集まるとギスギスするんじゃないかとかみなさん思われるかもしれないですけど(笑)、実際そんなことは本当になくて、すず中心にすごく仲良くやっていましたね。スタッフたちもこの4姉妹がいるのが嬉しいみたいで、現場はなごやかムードに包まれていました。今回念願だった是枝組に参加してみて、スタッフの結びつきも強いし、そんな現場をつくれるところが監督のすごいところ。楽しかったです。ただそこにあるというものを切り取るのが映画のいいところであって、それが映画の中によく表れていると思います。

―複雑な事情も抱えた、地元の“海猫食堂”(ウミネコショクドウ)の店主・二ノ宮(ニノミヤ)さんを演じられていかがですか?

風吹:みんなを受け入れる温かい雰囲気を出せるよう演じたつもりですが、常連客がリリーさんだったので私が居心地がよかったです(笑)

リリー・フランキー、風吹ジュン

リリー・フランキー、風吹ジュン

―穏やかで口数は少ないながら、海街の人々を見守る、“海猫食堂”(ウミネコショクドウ)の常連客でもあり、山猫亭(ヤマネコテイ)というカフェの亭主を演じられたリリーさん。是枝監督の現場は『そして父になる』に続いてとなりますが、今回の現場はいかがでしたか?

リリー:『そして父になる』のときは子供やオヤジたちばっかり撮っていたわけだけど、今回は是枝さんの男の目をはじめてみました!キラキラしてましたね。僕も四姉妹の誰かとして出演したかったですよ!

―カンヌへ参加することについて。

4姉妹

4姉妹

綾瀬:ワクワクドキドキです!世界の方がどうみてくださるか楽しみです!

長澤:楽しみですし、ワクワクドキドキです!四姉妹だけじゃなく、いろんな女性がでてきますが、監督が思う女性への愛情を深く感じさせてくれる作品だと思うので、きっとどの国の方にもわかってもらえると思います。

夏帆:世界の方たちの反応を生で感じることがきると思うとすごい楽しみだしドキドキです!

広瀬:はじめて海外の方に観てもらうのは初めての経験なので、すごい楽しみです!

豪華登壇メンバー

豪華登壇メンバー

そして、綾瀬が最後に「本当にどこを切り取っても美しいです。観終わった後、いいものをみたと思える作品だと思いいますので、みなさんに必ず観ていただきたいです!」と作品をPR。その後は、海街カラーで彩られたブルーカーペットを集まったファンの熱い歓声を受けながら歩き、美人4姉妹の姿に会場中が魅了されるイベントとなった。

  • 綾瀬はるか
    綾瀬はるか
  • 長澤まさみ
    長澤まさみ
  • 夏帆
    夏帆
  • 広瀬すず
    広瀬すず
  • 綾瀬&夏帆
    綾瀬&夏帆
  • 広瀬&長澤
    広瀬&長澤
  • 綾瀬はるか
  • 長澤まさみ
  • 夏帆
  • 広瀬すず
  • 綾瀬&夏帆
  • 広瀬&長澤

映画『海街diary』
6月13日(土)全国ロードショー

鎌倉で暮らす三姉妹、幸、佳乃、千佳の元に、15年前家を出ていった父の訃報が届いた。長い間会ってもいなかった父の葬儀のため山形に向かった三人はそこで異母妹すずと初めて会う。身寄りのなくなった彼女が、葬儀の場でどうしようもない大人たちの中で毅然とふるまう姿に、長女・幸は別れ際とっさに口にする。「すずちゃん…鎌倉にこない? いっしょに暮らさない? 4人で」。そうして鎌倉での4姉妹の生活が始まる―。

原作:吉田秋生(小学館「月刊フラワーズ」連載)
監督・脚本:是枝裕和『そして父になる』
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ
製作:フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ
配給:東宝 ギャガ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

吉田秋生

生年月日1956年8月12日(62歳)
星座しし座
出生地東京都渋谷区

吉田秋生の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST