イッセー尾形 、9年ぶりの主演最新作は一匹の三毛猫との物語

(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

イッセー尾形が9年ぶりに主演を務める最新作『先生と迷い猫』(10月10日公開)の特報映像が解禁となった。

イッセー尾形演じるのは元中学の校長で、近所でも有名なカタブツでヘンクツなおじいさん・森衣。その個性的かつ圧倒的な存在感で、唯一無二のキャラクターに作り上げた。そして、もう一人(一匹)の主役、猫のミイを演じるのは、NHK朝ドラ「あまちゃん」で夏さんの飼い猫カツエ役でデビューした三毛猫ドロップ。代役なしで、全編1匹で演じ切り、その天才女優ぶりを発揮。

そして染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子他、実力ある個性豊かな実力派俳優たちが顔を揃え、ほっこり温かい、猫と町と夫婦の愛を描いた作品である。


映画『先生と迷い猫』
10月10日(土)より、全国ロードショー

【STORY】
定年退職した校長先生、森衣恭一は、妻に先立たれて1人暮らし。そのカタブツさと偏屈さから近所では浮いた存在だ。訪ねてくるのは、亡き妻が餌付けをし、可愛がっていた野良猫ミイくらい。猫が好きではない森衣は、なんとか追い払おうとするが、ミイはどんなに追っ払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座っている。まるで死んだ妻が見えるかのように。
そんなある日突然、ミイが来なくなる。そうなるとなぜか気になり探し始めると、自分の他にも、ミイを探している人たちがいることが分かる。皆、ミイに餌をやり、語りかけることで、どこか救われていた人たちだった。彼らとの交流の中で、森衣はなぜ自分がかたくなにミイを避けていたかに気づく。〝居なくなってからでは伝えられない気持ち″を届けるため、森衣は必死でミイを探し始める――

出演:イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、嶋田久作、佐々木すみ江、カンニング竹山、久保田紗友、もたいまさこ、岸本加世子、ドロップ(三毛猫)

監督:深川栄洋
脚本:小林弘利
原案:「迷子のミーちゃん~地域猫と商店街再生のものがたり~」木附千晶(扶桑社・刊)
製作:「先生と迷い猫」製作委員会
配給:クロックワークス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST