ワーナー・ブラザースからの挑戦状!? 渋谷を逃げる“中の人”を捕まえろ!

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『96時間』でアクション俳優の道を切り開いたリーアム・ニーソン主演最新作『ラン・オールナイト』。リーアム・ニーソン演じる主人公がマフィア、最強の暗殺者、買収された警察、そして顔見知りの隣人すら敵かもしれない状況下で、彼はタイムリミットの夜明けまで生き延びることができるのか…。

そんな本作の世界観に感化されたというワーナー・ブラザース映画Twitterアカウントの中の人が、14日(木)になぜか(?)逃走計画を企てているという。 それがこちら

逃走の舞台は、渋谷。そして、この中の人の逃走リミットは夜明け!では無く…終電だという。逃走開始の18時頃から逃走時間内に、公式アカウントから場所のヒントがハッシュタグ「#ワーナー逃走中」でツイートされるという。そのヒントを頼りに渋谷の街から“WBマーク”のついた青いジャンパーを着た公式アカウント中の人を探そう! なんと、逃走する人は本作の世界観に感化されただけあって、劇中で息子と一緒に逃走する主人公同様に、今回の逃走劇でも息子も連れているとか(!?)。

捕まえた人には、先着30名様に本作の劇場鑑賞券がプレゼントされるという。もし鑑賞券が無くなってしまっても、捕まえた人に先着でマフィアのボス、ショーン(エド・ハリス)のお面がプレゼントされる。

14日に渋谷に行けなくても、ハッシュタグで場所の謎解きができ、参加者の中から抽選で豪華プレゼントも用意されているらしい。ここまで大々的に展開して、果たして公式アカウントの中の人は終電まで逃げ切ることができるのか…? 作品に負けない逃走劇を追ってみてはいかがだろう。


映画『ラン・オールナイト』
5月16日(土)全国ロードショー

監督:ジャウム・コレット=セラ(『アンノウン』)
脚本:ブラッド・イングルスビー(『ファーナス/訣別の朝』)
出演:リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』『フライト・ゲーム』)、ジョエル・キナマン(『ドラゴン・タトゥーの女』)、ビンセント・ドノフリオ(『ジャッジ 裁かれる判事』)、エド・ハリス(『ポロック 2人だけのアトリエ』『めぐりあう時間たち』)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リーアム・ニーソン

生年月日1952年6月7日(66歳)
星座ふたご座
出生地

リーアム・ニーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST