「実はLegend1を見たとき、これ以上は絶対無理だと思ってた」という原作者のしげの秀一氏も映画のクオリティに太鼓判!

ヒット記念に声優陣が駆けつけた

ヒット記念に声優陣が駆けつけた

5月23日に公開された映画『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』の大ヒットを記念して、藤原拓海役を務めた宮野真守、高橋啓介役の中村悠一、高橋涼介役の小野大輔、武内樹役の白石稔、中智仁監督、制作会社サンジゲン代表の松浦裕暁による舞台挨拶が行なわれた。

「主人公・拓海の『Legend1』で生まれた思いがより盛り上がっていて、自分としてもより気持ちの入った芝居になった」(宮野)、「感性で走るタイプだった啓介が理論的に違う視点から見つめています。『Legend2』は懐かしいものも感じつつ、新しい映像になっていて随所でパワーアップしています」(中村)、「『頭文字D』の男同士の戦いは一言でいうとやっぱりカッコいい。熱い気持ちで取り組むので、皆さんも熱い気持ちで応援してください」(小野)、「戦いシーンがどんどん熱くなってきて、演じている我々もそれに負けないようにと頑張ってやりました」(白石)とヒットを受けてそれぞれがコメント。

また、監督からは「『Legend2』を繰り返し観てもらいたいというのと(笑)、すでに『Legend3』の制作にも入っていて、なつきの登場シーンもたくさんあるので期待して」と早速次作への展望も披露してみせた。また、このヒットを受け、「実はLegend1を見たとき、これ以上は絶対無理だと思ってた」という原作者のしげの秀一氏も本作を絶賛するコメントを寄せている。

しげの秀一氏 コメント

「アニメであれ以上のバトルができるのかと思うぐらい良かった。それぞれ車の特性とかバッチリ描きつつも、中里がね。キャラクターが魅力的で凄いカッコよかった。敗者の美学が泣けますね。爽やかだし。最後、中里の「生きててよかったぜ…」にはシビれました。実はLegend1を見たとき、これ以上は絶対無理だと思ってたんですよ。でも中里とのバトルは充分上乗せで盛り上がってた。熱くて速くて興奮しました。GT-Rの表現が特に良かった。GT-Rのエンブレムの話とか。GT-Rの生まれの由来・血統のようなものもきちんと出ていて、GT-Rという車がちゃんと理解できる。満足です。ぜひ見てほしいですね!

バトルでの車の表現が熱いよね。アニメならではの工夫が凄くいい。タービンの中を空気が通っていってドカーンと爆発したりピストンだけダァーっと動いてたり、原作ではとても描けないアニメならではの表現も良かった。「行け行けー」ってなりますもんね。慎吾とのバトルでもFFっぽい動きしてたし。3車3様の動きがうまく描き分けられてたのがアニメでは新鮮、楽しいなと思いました。無条件にバトルシーンはワクワクする。

キャラクターもちゃんと立ててもらって、目がいいよね。中里の目がドアップでくるとことか、アニメのスタッフが進化してる。生かし切ってる。自分が作ってきた素材を想定外の「わぁ、やっぱ凄いや」と思わせてくれたら幸せ。あんなにカッコいい感じになるとは思わなかった。

「頭文字D」をずっと好きで凄く熱心に読んでくれた人たちに満足してほしい。今回はアニメスタッフが深く深く原作を読み込んでくれて、油断すると気付かないことまでちゃんと掴んでくれてた。原作をこよなく愛してくれる人たちも喜んでくれると思う。今回はそれくらい良かった。感動しました。


映画『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』
5月23日(土)全国ロードショー

原作:しげの秀一(講談社)
総監督:日高政光
監督:中 智仁
脚本:関島眞頼
キャラクターデザイン:羽田浩二
音楽:土橋安騎夫
製作:新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-製作委員会
講談社/エイベックス・ピクチャーズ/松竹/Sammy/ウルトラスーパーピクチャーズ
制作プロダクション:サンジゲン×ライデンフィルム
配給:松竹

■キャスト
藤原拓海:宮野真守/中里毅:諏訪部順一/高橋啓介:中村悠一/高橋涼介:小野大輔/庄司慎吾:阪口周平/武内樹:白石稔/茂木なつき:内田真礼/藤原文太:平田広明

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮野真守

生年月日1983年6月8日(35歳)
星座ふたご座
出生地埼玉県

宮野真守の関連作品一覧

中村悠一

生年月日1980年2月20日(38歳)
星座うお座
出生地香川県

中村悠一の関連作品一覧

小野大輔

生年月日1978年5月4日(40歳)
星座おうし座
出生地高知県

小野大輔の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST