6月29日より1週間限定!! 新宿に『ターミネーター』の新名所誕生!

写真中央にあるのがデジタルサイネージ

写真中央にあるのがデジタルサイネージ

アーノルド・シュワルツェネッガー主演最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月10日公開)の公開を記念し、期間限定で都内に新たな名所が誕生。

場所は、新宿の東口と西口を結ぶ地下コンコース「東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード」。6月29日(月)~7月5日(日)までの1週間限定で、巨大な《ターミネーター・ゾーン》が出現。ゾーンは2ヵ所。巨大なデジタルサイネージで、日本でも絶大な人気を誇るアーノルド・シュワルツェネッガー扮するお馴染みのT-800ターミネーター、『ターミネーター2』に登場した液体金属タイプのT-1000、最新作に登場する最新最驚のT-3000、と新旧ターミネーターが勢揃い。映像で登場する彼らが、目の前で人型からそターミネーターへと瞬時に変身、狙い撃ちしてくる仕掛けだという。

こちらがハザードエリア

こちらがハザードエリア

もう1ヵ所は、3体のターミネーターと、人類最後の希望となるサラ・コナーを交えたキャラクターのポスターがずらり並ぶスペース。《ターミネーター》ハザードエリアが設けられ、近づいたり、通り過ぎるとセンサーで感知し、人の動きに合わせるキネクト効果で、爆発のような噴煙が舞い上がる驚きの仕掛け。

7月6日(月)には、主演のシュワルツェネッガーと、エミリア・クラークが来日。この日に向けてゾーンを体感し、気分を高めておこう!


映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月10日(金)全国ロードショー!

監督:アラン・テイラー(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)、エミリア・クラーク(サラ・コナー役/「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)、ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー役/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)、ジェイ・コートニー(カイル・リース役/『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)、イ・ビョンホン(T-1000役/『G.I.ジョー バック2リベンジ』)ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST