「私の声を100年間やってほしい!」―30年越しの初対面で、玄田哲章が永久シュワ専属声優認定!

玄田哲章、エミリア・クラーク、アーノルド・シュワルツェネッガー

玄田哲章、エミリア・クラーク、アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガー主演最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の公開を週末に控えた7月6日(月)、東京・六本木ヒルズ アリーナにてジャパンプレミアが開催された。そのイベントの熱気をそのままに、TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは舞台挨拶が行われ、アーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のエミリア・クラークが出席。さらに、サプライズゲストとして登場したのは、通算30本以上の映画でシュワの声を吹替えてきた人気声優の玄田哲章。シュワとの30年越しの初対面が実現した。

『ターミネーター』シリーズとしては2003年7月の『ターミネーター3』以来12年ぶりの来日となるシュワは、割れんばかりの盛大な拍手に迎えられ登場し、「12年前に『ターミネーター3』で“アイルビーバック!”と約束した通り戻ってきました」とコメント。

また、シュワが新人の頃から吹き替えを担当してきた玄田はこの初対面に「『ターミネーター』の復活です! 30年間、あなたの作品をすべて吹き替えてきました。初めてお会いできて嬉しい! 今日は最高の1日です! グレイト!」と大興奮。それに応えたシュワは「世界中で私の吹き替えをどんな方が演じているのか、気になっていました。初めて日本の吹き替え声優のあなたとお会いできて光栄です。私の声を100年間ぜひ演じて欲しい!」と永久シュワ声優を正式に認定。ガッチり固い握手を交わすと、ファンからの喝采が巻き起こった。


映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月10日(金)全国ロードショー!

監督:アラン・テイラー(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)、エミリア・クラーク(サラ・コナー役/「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)、ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー役/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)、ジェイ・コートニー(カイル・リース役/『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)、イ・ビョンホン(T-1000役/『G.I.ジョー バック2リベンジ』)ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST