クランクアップ間近! 山田洋次監督最新作にして、松竹120周年記念映画『母と暮らせば』

(左から)浅野忠信、黒木華、吉永小百合、山田洋次

(左から)浅野忠信、黒木華、吉永小百合、山田洋次

2015年12月12日(土)より公開される、山田洋次監督の新作『母と暮せば』。7月中旬にクランクアップとなる本作は現在目下撮影中。10日(金)には物語の舞台となる長崎にてクライマックスシーンの撮影が行なわれ、33度を超える暑さの中、山田監督の演出もいつも以上に熱が入り、緊張感溢れる現場となったよう。

撮影の合間には、メインキャストが一同に会し、本作への思いを語った。

――長崎を舞台にしている本作ですが、長崎での撮影について聞かせてください。

山田:一昨年の春の終わり頃にこの企画に巡り会って運命のようだなと思いました。そしてこれはなんとしても作らなければと思ってから、二年の歳月が過ぎて、この長崎の地で主な出演者がみんな集まって、クランクアップを迎えることができ、こういった形で作品を終えることができると思うと「よーい、はい」と言うのもなんだか胸がいっぱいになります。また、俳優、スタッフみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

吉永:戦後70年のこの年にこの作品に参加できて感無量です。でも、山田監督のこの映画にかける熱い思いや情熱に応えられているかどうか、今はとても不安で不安で、もっともっとできたんじゃないかと自分では反省しているんですけど、素晴らしい共演者の方々と共演できてクランクアップを迎えられるということはとても嬉しいです。公開したらたくさんの人に見てもらいたいと願うばかりです。

二宮:僕は初めての山田作品への参加で、初めはとても緊張していたのですが、一日一日が非常に贅沢な時間だと感じることができました。また僕は作品の性質上、吉永さんとしか会話ができないので(笑)、今日はこんなにたくさんの人と会えて嬉しいですし、新鮮な気持ちです。長崎という地で終われるのが、卒業旅行ではないですけど、この地で終えられてよかったなと思っています。

黒木:長崎の話ですし、こうして長崎で撮影ができるのは非常に嬉しいです。山田監督がずっと「戦争を知らない世代に伝えたいことがたくさんある」とおっしゃっていて、私も身近な話ではなかったので、この作品を通して、少しですが知ることができて、いいきっかけになりました。

浅野:僕は山田監督と吉永さんとは『母べえ』以来ですが、今回またご一緒できてとても光栄です。僕はとても大きな役ではないのですが、とても重要な役をいただいて、非常にやりがいがあるのですが、現場でも色々なことを勉強させていただいて、非常に楽しかったです。

山田:彼は『父と暮せば』でも宮沢りえちゃんの恋人役で出演しててね。不思議な縁ですね。

加藤:非常に素敵な教会で撮影できて、感無量です。先日、喫茶店に行ったらば、時計が30個ぐらい置いてあって、全て11時2分で止まっていました。長崎の人たちの想いが強く残っているんだなと感じています。


――戦後70年、かつ長崎は被爆70年という年ですが?

山田:長崎にお住まいの方でもほとんど戦争を知らない。でも他の土地と違って、自分の親戚ご両親、おじいさんおばあさんが被爆したという人はたくさんいると思う。そういった意味ではこの映画は長崎の人たちにとって特別な映画になるかもしれない。また、長崎の人たちに見てもらって、納得してもらえるような、満足してもらえるか大きなプレッシャーです。見ていただいたうえで、色んな意見を聞いてみたいと思います。

吉永:原爆をテーマにした作品では「愛と死の記録」が、私が21歳の時に出演した広島の映画と、テレビでは「夢千代日記」と、今回で3作目なんですけど、初めての長崎の作品で長崎の方たちに素晴らしい協力をいただいて、今回できました。長崎の方たちの思いを少しでも日本中の人に知ってもらいたいという思いです。

二宮:戦争と原爆、被爆したということもそうなんですけど、そこの思いは、僕たちは丁寧にやらせていただいたという印象があります。それに加えて、どこにでもあるひとつの家族の寂しさだったり苦しさだったり、また昔を振り返っての楽しい思い出だったり長崎を初めとした日本中どこにでもある日常を描くほうも丁寧にやらせていただいたと思います。それが伝わっていけばいいなと思います。


――吉永さんと二宮さんは親子をずっと演じられて、お互いどのような感想を持たれましたか?

吉永:二宮さんとは初めて会ったその日から、もしかしたら本当に自分の息子なんじゃないかと思うくらい、寄り添って演じることができました。かわいい息子です。お芝居は二宮さんはとてもしなやかなで、どんな状況でも力を入れずに、本当にすばらしい存在感で、私は引っ張ってもらいました。こういう息子に出会えて本当によかったと思います。

二宮:そう言っていただけただけで、この作品に出てよかったと思います。吉永さんから、僕の小さい頃の写真を見せてほしいと言われ、僕も久しぶりに自分の写真を見ました。そのことをきっかけに、実際には共有していない思い出などが想像できました。本当に、とても優しいお母さんで、撮影が終わる度に「よかったね、よかったね」と言ってくれて、一度撮影が終わった時に抱きしめてくださいました。(笑)

吉永:あんまり素敵なお芝居だったので(笑)

二宮:本当に「よかった」と言っていただけたので、そういった事も、先ほども言った贅沢な時間だったなぁと。

山田:本当にお二人は甘いんですよね。とても甘いトローンとした味が漂っていてね。小百合さんも浩二の役に二宮さんが決まったと聞いたら、何度もよかったと喜んでくれて、いいキャスティングができたというよりは、この二人じゃなかったら成り立ってないんじゃないかと。時として恋人に見えるような甘さ、そういう独特の母子の物語になりえているのではないかと思います。

――監督、長崎ロケへのこだわりを教えて下さい。

山田:なにしろ昭和23年の物語なので、本当はたっぷり長崎ロケをしたかったんだけど、その頃を再現できる場所があまりないんですよ。ただ、教会はみな古いし、教会は浦上を除いては現存しているのだから、だから教会は絶対に長崎で撮ろうと思っていました。そこに長崎の信徒さん達に参加してもらって、クライマックスで合唱してもらって、エンディングを迎えるというのは最初からありました。だから、たくさん教会があるので迷いましたけど、最終的にこの教会を選んで良かったと思っています。この教会の歴史がそのまま画に映るようであってほしいと思いながら撮影しています。


映画『母と暮せば』
2015年12月12日(土)全国ロードショー

【STORY】
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

出演:吉永小百合 二宮和也/黒木華 浅野忠信 加藤健一/広岡由里子 本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功
監督:山田洋次
脚本:山田洋次・平松恵美子
製作:「母と暮せば」製作委員会
制作・配給:松竹株式会社

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山田洋次

生年月日1931年9月13日(86歳)
星座おとめ座
出生地大阪府

山田洋次の関連作品一覧

二宮和也

生年月日1983年6月17日(35歳)
星座ふたご座
出生地東京都葛飾区

二宮和也の関連作品一覧

吉永小百合

生年月日1945年3月13日(73歳)
星座うお座
出生地東京都

吉永小百合の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST