二階堂ふみ主演、「戦争」という時代を生きた庶民の暮らしをリアルに描いた映画『この国の空』

(C)2015「この国の空」製作委員会

(C)2015「この国の空」製作委員会

1983年に出版され谷崎潤一郎賞を受賞した、芥川賞作家・高井有一の小説「この国の空」。本作が脚本家・荒井晴彦の18年ぶりの監督作として二階堂ふみ、長谷川博己主演に迎えて実写映画化。今までの戦争映画では「戦地に赴く男たち」を描いた作品が数多く公開されてきたが。しかしこの作品は戦争という時代を「戦場」ではなく、「戦争という時代を生きる庶民の暮らし」を描き出す。

そこに登場するのは三者三様の女たち――二階堂ふみ演じる“愛をしらない少女”里子(19歳の少女)、里子の恋を黙って見守る母の蔦枝(工藤夕貴)、空襲で家族をなくした叔母(富田靖子)。彼女たちの目に戦争はどのように映ったのか――「東京の郊外で日常を過ごす女性からみた昭和20年」がリアルに描かれている。

(C)2015「この国の空」製作委員会

(C)2015「この国の空」製作委員会

(C)2015「この国の空」製作委員会

(C)2015「この国の空」製作委員会

また、本作のエンドロールで、主演の二階堂ふみが朗読するのは、茨木のり子の詩『わたしが一番きれいだったとき』。二階堂自身、本作の脚本を初めて読んだ時に、この詩が思い浮かんだとの事。

戦後の日本を代表する詩人・茨木のり子は、里子と同じ19歳の時に終戦を経験。あの時代を生きた少女たちが何を考えていたのか、戦後70年が経とうとしてもなお、色あせぬ文章で私たちの心に訴えかけ、里子たちの生きた時代を伝えている。


終戦70周年記念作品『この国の空
8月8日(土)より、テアトル新宿、丸の内TOEI,シネ・リーブル池袋他、全国ロードショー

出演:二階堂ふみ、長谷川博己、富田靖子、利重剛、上田耕一、石橋蓮司、奥田瑛士、工藤夕貴
脚本・監督:荒井晴彦
原作:高井有一「この国の空」(新潮社)
詩:「わたしが一番きれいだったとき」茨木のり子
製作:「この国の空」製作委員会
制作プロダクション:ステューディオスリー KATSU-do
協賛:大和ハウス工業
配給:ファントム・フィルム KATSU-do

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

二階堂ふみ

生年月日1994年9月21日(23歳)
星座おとめ座
出生地沖縄県那覇市

二階堂ふみの関連作品一覧

工藤夕貴

生年月日1971年1月17日(47歳)
星座やぎ座
出生地東京都

工藤夕貴の関連作品一覧

富田靖子

生年月日1969年2月27日(49歳)
星座うお座
出生地福岡県

富田靖子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST