バイオレンスアクションの傑作『GONIN』から19年―ついにサーガ(伝説)の全貌が明らかに!?

(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会

(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会

1995年に公開され石井隆監督作品の中でも絶大な人気を誇り、バイオレンスアクションの傑作として国内のみならず海外からの評価も未だに高く、日本のフィルム・ノワール最高峰として多くのファンに続編を望まれてきた映画『GONIN』。19年のときを経て、2015年、ついに新たなサーガ(伝説)の幕が上がる。

新たな伝説の幕開けに相応しいキャストが石井組に集結。東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信、そして竹中直人や福島リラといった、超実力派が圧倒的な存在感と繊細かつ大胆な演技で観るものを惹きつける。

爽やかな印象で幅広い世代から支持を集める東出昌大が、父親を殺され、悲しみに打ちひしがれる悲哀の表情から、狂気を身にまとい死闘を繰り広げる、まるで夜叉のような表情まで、いままでにない東出昌大の魅力が満載。また、10年ぶりに銀幕復帰し、本作で俳優人生にピリオドを打つ根津甚八も、文字通り【命懸け】の出演を果たしている。

今回解禁になった予告編では、血と宿命に引き寄せられた“GONIN”の遺された者たちの、それぞれの苦悩と、新たな戦いを予感させる映像。前作で命を落とした大越組若頭・久松の息子・勇人(東出昌大)。同じく前作で命を落とした組長・大越の息子・大輔(桐谷健太)。大越組を束ねる五誠会二代目に秘密を握られる元アイドル・麻美(土屋アンナ)。19年前の事件の真相を追うルポライターとして現れ、自らも深い因縁を持つ森澤(柄本佑)。そして今回のGONINの敵役となる、前作の五誠会会長・式根の孫であり、五誠会三代目・誠司(安藤政信)。さらに、前作で銃弾を受けながらも生死の境をさまよい、植物状態で生きていた氷頭(根津甚八)までもが加わる。

【前作『GONIN』からのSTORY】
19年前、1995年——。バブル経済が崩壊、指定暴力団五誠会系大越組から巨額の借金返済を迫られた元ロックギタリストで現在ディスコホールの経営者・万代(佐藤浩市)は、同じく時代に弾かれた男達五人を集めて大越組を襲撃、現金強奪に成功するが、大越組をまとめる五誠会は二人のヒットマン・京谷(ビートたけし)と一馬(木村一八)を放ち、一人、また一人と五人組を探し出して射殺して行く。刑事崩れの氷頭(根津甚八)と三屋(本木雅弘)は土砂降りの夜、大越組を逆襲、大越(永島敏行)と久松(鶴見辰吾)ら組員全員と一馬を殲滅する。が、氷頭は京谷の凶弾に倒れ、三屋も逃亡中に追って来た京谷と相撃ちで死に、大越組は消滅、事件は終わった。かに思えた―。

それから19年。五誠会は若き三代目の誠司(安藤政信)が勢力を拡大。一方、襲撃事件で殺された大越組の若頭・久松(鶴見辰吾)の遺児・勇人(東出昌大)は母・安恵(井上晴美)を支え、建設作業員をしながらまっとうな人生を歩み、勇人の幼馴染で大越組長の遺児・大輔(桐谷健太)は壊滅した大越組再興の夢を抱きながら、今は誠司のボディーガードをしていた。 そんなある日、19年前の襲撃事件を追う富田と名乗るルポライター(柄本 佑)が安恵を訪ねてくる。やがて、遺された者たちの歯車は大きく軋み始め、五誠会に囲われながらも深い恨みを宿す元アイドル・麻美(土屋アンナ)を巻き込んで、GONINの血と宿命に抗う新たな闘いが幕を開ける―。


映画『GONIN サーガ』
9月26日(土)TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー

東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本 佑、安藤政信、テリー伊藤、井上晴美、りりィ、福島リラ、松本若菜、菅田 俊、井坂俊哉、根津甚八、鶴見辰吾/佐藤浩市(友情出演)/竹中直人
監督・脚本:石井 隆
原作:石井 隆『GONIN サーガ』(角川書店刊)
音楽:安川午朗
挿入歌:「紅い花」ちあきなおみ/「ラストワルツ」森田童子
製作:『GONIN サーガ』製作委員会
制作プロダクション:ファムファタル
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

本木雅弘

生年月日1965年12月21日(52歳)
星座いて座
出生地埼玉県

本木雅弘の関連作品一覧

ビートたけし

生年月日1947年1月18日(71歳)
星座やぎ座
出生地東京都足立区梅島

ビートたけしの関連作品一覧

根津甚八

生年月日1947年12月1日(69歳)
星座いて座
出生地山梨県

根津甚八の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST