いよいよ明日、7月24日(金)より―細田守ワールドを堪能できる『バケモノの子展』に行ってきた

『バケモノの子』の可愛すぎるマスコットキャラ、チコ/(C)2015 B.B.F.P

『バケモノの子』の可愛すぎるマスコットキャラ、チコ/(C)2015 B.B.F.P

細田守監督作品を“見て、知って、遊べる”『バケモノの子展』がついに明日開幕。『バケモノの子』の舞台でもある渋谷で開催されるこの展覧会に一足お先にお邪魔したので、その魅力を所感も含めてレポートしたいと思う。

なお、本展覧会の入場者プレゼントは「細田守監督過去3作品映画フィルム」という激レアもの。数量限定とのことなので、ファンなら必ず手に入れたいところだ。

オープニングエリア

入り口すぐの看板でパチリ

入り口すぐの看板でパチリ

入ってすぐにお出迎えしてくれる看板横には、細田監督からのお花や『時をかける少女』で使用されていたというフィルム缶&コンテナとのっけからレア物が登場。奥に進めば、熊徹と九太もお出迎え。チコを探せクエスト(勝手に命名)といった探検要素を持たせたゲームもあるぞ。

  • 監督からのお花
  • これは本当にレアアイテム!
  •   チコを探せ!
  • 渋谷の中の渋谷

絵コンテエリア

天井から吊られた絵コンテがまた雰囲気出てる

天井から吊られた絵コンテがまた雰囲気出てる

分厚い絵コンテ集や、壁に貼られたあのシーンこのシーンを見てニヤリ。細田作品の「演出の技 BEST9」と銘打って壁に代表的なコンテが分類され、紹介されているのはとても興味深い。クリエイターも必見といえるテクニックの伝授?

  • 分類方法が秀逸
  • 例えば…遠近法
  •   チコを探せ!
  • 絵コンテがぎっしり!

キャラクターデザインエリア

実寸か未確認(申し訳ございません)

実寸か未確認(申し訳ございません)

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』のキャラスタンディほか、壁面一面にキャラクターたちの表情がビッシリ。お気に入りのキャラクターのあの表情を撮る絶好のチャンス。

  • 夏希と健二
  • 夏希と健二
  • おおかみこども
  • おおかみこども
  • まとめてパチリ

各作品エリア

細田守監督=スタジオ地図。覚えましょう!

細田守監督=スタジオ地図。覚えましょう!

絵コンテよりも一歩進んで、作品にグッと近づく空間。背景美術の美麗さには、クリエイターの質の高さに関心せざるを得ない。作品ごとに壁面に様々な絵が描かれているので、併せて見ることで没入感がUP。

  • 時をかける少女
  • 真琴/(C)2006 TK/FP
  • 千昭と真琴/(C)2006 TK/FP
  • 夏希/(C)2009 SW F.P.
  • 夏希/(C)2009 SW F.P.
  • おおかみおとこ/(C)2012 W.C.F.P
  • 雪/(C)2012 W.C.F.P
  • レイアウトだけでなく、ガラスケース内の背景美術にも息を呑む

バケモノの子エリア

劇中に登場する渋天街のモニュメント

劇中に登場する渋天街のモニュメント/(C)2015 B.B.F.P

『バケモノの子』の劇中に登場する渋天街のモニュメントがどーん。その大きさは、高さ5.5m×横4.7m。細田守監督初の立体造形に、上条安里氏が沿面協力。こだわりぬかれたセットを見て欲しい。さらには、熊徹の大太刀をモチーフにした日本刀も展示。

男子がキュン、な刀!/(C)2015 B.B.F.P

男子がキュン、な刀!/(C)2015 B.B.F.P

熊徹道場(チームラボスタジオ)

一番初めに出くわす体感型展示エリア

一番初めに出くわす体感型展示エリア

熊徹から指導を受ける、まさに九太になった気分でバーチャル修行が可能。その勇姿(?)は動画として録画されるぞ! いいところをバッチリ見せよう!!

某ハードのゲームのような?

某ハードのゲームのような?

バケモノに見守られ、プレッシャーの掛かるK氏

バケモノに見守られ、プレッシャーの掛かるK氏

体感型展示エリア

女性じゃなくてすいません。BLも可!

女性じゃなくてすいません。BLも可!

ここは、先に紹介したのチームラボによるデジタルサイネージに加え、面白法人カヤックによる過去3作品の名場面を追体験することも可能(「未来で待ってる」「よろしくお願いしまあああすっ!!」「雪と雨の背くらべ」「OZメッセージ」)。しっかり思い出に残すべく、このエリアは出来る限りバディで行動したい。なので、一人よりも二人、二人よりも三人、を推奨!!

  • チームラボカメラ
  • 「俺に娘がいたらこうかな」と想像するK氏
  • OZにメッセージを投影可能!K氏は…
  • 絶好のアピールチャンスに痛恨のミス?
  • よろしくお願いしまあああすっ!! からのエンターキーも体験可能

とにかく、会場の隅々まで抜かりなし!

各エリアを経由する通路にも作品の名台詞が書かれていたり、『サマーウォーズ』の健二のアバターがいたり、チコがいたりととにかく隅から隅まで楽しめることまちがいなし。もちろん感覚値でも楽しめるが、やはり作品を事前に見ておくことを強くオススメする。

  • 健二のアバター/(C)2009 SW F.P.
  • OZワールド/(C)2009 SW F.P.
  • 名場面、名台詞
  • 名場面、名台詞

おみやげも忘れずに

写真はないが、『バケモノの子』で衣装を担当した伊賀大介氏による“青地図”プロデュースの商品や、会場限定のグッズが盛りだくさん。「みる・しる・あそぶ!」の後は思い出を家に持って帰ろう!!

展覧会、行ってもいいな…というあなたにお知らせ

この展覧会に行くには事前にチケットを購入する必要がある。そこでオトクな情報をこっそりお知らせしよう。実は、普段あなたが使っている(であろう)Tカードがチケットになるのだ。詳細はこちらを参照していただくとして、同時に現在発行受付をしているTカード(バケモノの子デザイン)と組み合わせることで、Tポイントの付与だけでなく、展示会で展示されているお面セットが抽選で当たるチャンスも出てくるのだ。つまり、この展示会に行くならこの組み合わせが俄然お得、というわけなのです。

細田守監督作品『バケモノの子』展~時をかける少女、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪~

(C)2015 B.B.F.P

(C)2015 B.B.F.P

開催期間:2015年7月24日(金)~8月30日(日)
会場:渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホール ホールA(東京都渋谷区2-21-1)
時間:10:00~19:00
休館日:会期中無休
当日券(価格は税込):大人(大学生以上)…1,700円/小人(高校生以下)…900円/親子ペア券(大人+小人券)…2,400円
お問い合わせ:「バケモノの子展」運営事務局(03-3556-6562)
※受付時間:平日10:00~17:00(土日祝日は除く。ただしイベント会期中は受け付けいたします)
公式ホームページ:http://www.ntv.co.jp/bbe


映画『バケモノの子』
7月11日(土)より全国大ヒット上映中

【お知らせ】『バケモノの子』がTカードになります!
⇒発行受付中! 詳細等は公式サイトにて

監督・脚本・原作:細田守
出演:役所広司/宮﨑あおい 染谷将太 広瀬すず/山路和弘 宮野真守 山口勝平
長塚圭史 麻生久美子 黒木華 諸星すみれ 大野百花/津川雅彦
リリー・フランキー 大泉洋

作画監督:山下高明 西田達三
美術監督:大森崇 髙松洋平 西川洋一
音楽:高木正勝
主題歌:Mr. Children 「Starting Over」(TOY'S FACTORY)

日本テレビ放送網・スタジオ地図 共同幹事作品
製作/日本テレビ放送網 スタジオ地図 KADOKAWA 東宝 ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST