『007』最新作予告映像解禁! 今度のミッションではボンドの謎に迫る!

SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and  Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

12月4日に日本公開が決定しているダニエル・クレイグ主演「007」シリーズ最新作『007 スペクター』から、最新予告が到着。最新作は、ボンドの幼少期に関わる重大な秘密や、宿敵スペクターとの関わりなどが明らかになるかもしれないといったストーリーが噂されているが、今回いよいよその真相が明かされてきた。M役のレイフ・ファインズ、Q役ベン・ウィショー、ミス・マネーペニー役ナオミ・ハリスら新チーム・ボンドが、ボンドを援護しつつ任務を遂行していくストーリーを予感させ、ド派手なアクションシーンも随所に織り込まれている。

今回の予告編第3弾では、ボンドは上司Mの反対を押し切ってメキシコへ向かう。そこでアバンタイトル(オープニング)となるメキシコの伝統的なお祭り「死者の日」での色彩豊かな衣装をまとったエキストラや山車の中、派手な爆発シーンが繰り広げられる。
そして今回ついに、今までの予告ではシルエットでしか姿を現さなかったクリストフ・ヴァルツが不敵な笑みを浮かべ「やぁジェームズ、ずっと私を探していたんだろう」と語りかけるにいたり、MI6の追及の手がスペクターにおよび、それがボンドとヴァルツ演じる今回の悪役オーバーハウザーにつながってくることが分かる。

もうひとりのボンド・ガール、フランスの若手演技派レア・セドゥが「これがあなたの望み?暗闇の中で追って追われて。いつも孤独」とボンドに問いかけると「望んだわけじゃない」と言い放つボンド。二人のボンド・ガールが、苦悩にあえぐボンドを慰撫するセリフにも、あえて自ら傷を負う自虐の道を選び進もうとする、そんな彼に、オーバーハウザーの「私なんだよ、ジェームズ。君を苦しめ続けてきたのは」というセリフが最後に浴びせられる。

ボンド自身の謎に迫るストーリー展開となることを予感させる特報から、今回は、ボンドがスペクターとその首領であろうオーバーハウザーと過去につながりがあり、しかもその事実がボンドの生き方に暗い影を落としていたことが明らかとなる。

果たしてボンドは、自ら封印していたトラウマとも言える過去の秘密に対峙し、ダブル・オーとして生きぬくことができるのか、本編完成まで、ますます観る者の興味を掻き立てる映像となっている。


映画『007 スペクター』
12月4日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ダニエル・クレイグ

生年月日1968年3月2日(50歳)
星座うお座
出生地英・イングランド・チェシャー

ダニエル・クレイグの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST