映像化権争奪戦となった、話題のミステリーコミックが”藤原竜也×有村架純”で実写映画化!

藤原竜也&有村架純/(C)2016 映画『僕だけがいない街』製作委員会

藤原竜也&有村架純/(C)2016 映画『僕だけがいない街』製作委員会

「ヤングエース」にて絶賛連載中の人気漫画「僕だけがいない街」。「マンガ大賞」「このマンガがすごい!」で2年連続ランクインし、高い評価で一気に話題となり映像化のオファーが50件以上殺到。また、2016年1月からはフジテレビ「ノイタミナ」ほかにてアニメ版の放送が開始されるなど“僕街”ブームが起こりそうだ。その僕街がついに映画化される。

この作品は、売れない漫画家でごく普通のフリーターの藤沼悟が、自身の意図とは無関係に【時空移動=タイムリープ】する謎の特殊な現象“再上映(リバイバル)”により、18年前の小学生の頃に起きた児童連続誘拐事件の真犯人と、その凶刃に倒れた母を救うため、大人のマインドを持ったまま小学生の「過去」をやり直し、現在と過去に起こる事件の謎を解き明かしていく新感覚ミステリー。

今回、主人公・悟を演じるのは、数々の超個性的な役を怪演してきた、日本が誇る名俳優・藤原竜也。死神のノートで殺人を繰り返す大量殺人犯、眼力で人を操るモンスター、銀行強盗など、個性的な役を演じてきた藤原だが、今作では【タイムリープ】を武器に、連続誘拐事件の凶悪犯に迫る。
一方、悟の心の深意に気づき、心を開くきっかけを与えたヒロイン・愛梨役には『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』と大ヒット作連発でノリにノっている女優・有村架純。

様々な作品に引っ張りだこの二人だが、共演はなんと今回が初。有村との共演について藤原は、「大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います」とコメントすると、有村も「お芝居への熱量がすごく大きな方。私もそんな方の近くで刺激をもらいながらぶつかっていけたらと思います」と、お互いの役者魂の強さを敏感に感じ取っており、最高の科学反応が期待できそうだ。

映画界をリードする若手実力派の共演であることに加え、悟の母・藤沼佐知子役にはその美貌だけでなく卓越した演技力も兼ね備える石田ゆり子、そして不敵な笑みを絶やさない悟の小学校の教師・八代学役には、どんな難役も個性たっぷりに演じ切る実力派俳優、及川光博が脇を固める。さらに映画『ツナグ』でその手腕が高く評価された平川雄一朗監督がメガホンを取るとあって、原作のファンにとっても楽しみな映画となりそうだ。


映画『僕だけがいない街』
2016年春、全国ロードショー!

【ストーリー】
藤沼悟は、ピザ屋でアルバイトをする売れない漫画家…。
漫画家として全くうだつが上がらず悩みながら日常を送る悟に【リバイバル】という特殊な現象が降りかかる。
それは、身近で“悪い事”の気配を察すると、その数分前に遡り、事件や事故の原因を取り除くまで何度でも時間が遡るという特殊な現象。
ピザの配達中、何かを察した悟に【リバイバル】が訪れる。数分前に遡り、【リバイバル】の原因を探し出し、大きな交通事故を回避する事は出来たが、悟自身が事故に巻き込まれ、入院する事に…。偶然、事故現場に居合わせた同じピザ屋で働く愛梨と、上京して来た母・佐知子の看病で回復する悟。
「交通事故が起きる直前」「誘拐事件が発生する直前」…。“悪い事”を察すると、悟は幾度も数分前に遡り、その原因を取り除くまで【リバイバル】は続く。
母が何者かに殺された…。突如、悟に訪れる【リバイバル】。それまでの【リバイバル】は数分前だったが、18年前の世界へと遡る悟。そこは、小学5年生の頃、同級生が被害者となった連続誘拐殺人事件が起きる数週間前だった…。
18年前の世界では、小学生連続誘拐殺人事件が起ころうとしている。頼れるのは同級生の仲間と、担任の八代先生、母・佐知子。現在の世界では、悟に母の殺人容疑がかかり、指名手配に。そして、何者かに命を狙われる愛梨…。
現在と過去を行き来する悟は、【リバイバル】の原因を全て取り除き、愛梨、母、そして殺人事件の被害者となった同級生を救う事が出来るのか?

原作: 「僕だけがいない街」三部けい(株式会社KADOKAWA/角川コミックス・エース)
監督: 平川雄一朗
脚本:後藤法子
プロデューサー:春名慶
キャスト:藤原竜也、有村架純、及川光博、石田ゆり子
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST