体は小さくても稼ぎはデカイ? 映画『アントマン』2週連続で全米No.1

(C)Marvel 2015

(C)Marvel 2015

この秋、映画史上“最小”にして“最大”のアクション・エンターテイメント『アントマン』(9月19日公開)。日本公開に先駆け、7月17日(金)に全米公開されると公開週末No.1の大ヒットスタート、公開10日間で興行収入は1億ドルを突破した。

7月26日(日)時点で1億607万ドルを記録し(BOX OFFICE MOJO調べ)公開2週目もNo.1を獲得。全米大手映画評価サイトROTTEN TOMATOESでは79%の高評価を得ており、その面白さはお墨付き!(『ジュラシック・ワールド』が71%、『ミニオンズ』が54%)

このかつてないユニークなヒーローが、映画史に残る、小さいけれど大きな活躍を広げている。


映画『アントマン』
9月19日(土)ロードショー

原題:ANT-MAN
全米公開:2015年7月17日
監督:ペイトン・リード
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド/マイケル・ダグラス/エヴァンジェリン・リリー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST