キアヌ・リーブス、自身プロデュースのバイクで鈴鹿サーキットを走る!!

キアヌはバイク好き

キアヌはバイク好き

『スピード』『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブスがマフィアに全てを奪われた元殺し屋に扮し、ニューヨークを舞台にたった独りで壮絶な復讐劇を繰り広げるノンストップ・キリングアクション『ジョン・ウィック』(原題:JOHN WICK)が、10月16日(金)全国公開。

それを前に、三重県鈴鹿市・鈴鹿サーキットで行われた“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐のため、『ジョン・ウィック』主演のキアヌ・リーブスが緊急来日! キアヌは鈴鹿8耐決勝スタートを告げるスターティングフラッグマンを務めた。それに合わせて70名の選手がサーキットに飛び出し、バイクのエンジンをかけ、最高速約300km/hで走り抜ける、8時間にも及ぶレースの始まりを告げた。

これは貴重なショット

これは貴重なショット

また、バイク好きで知られるキアヌは、自身がプロデュースする「Arch Motorcycle」のバイクでサーキット走行を行った。ハリウッドスターを一目見ようと集まった観客の歓声とともに迎えられたキアヌは、レースののちにトークショーにも参加。トークショーでは、『ジョン・ウィック』についても「人生を賭けた映画」と熱弁した。また、自身のタイムについて「来年はもっと速いタイムを狙いたい」と話し、再来日の意欲をみせた。

最後は自分も颯爽とライディング

最後は自分も颯爽とライディング


映画『ジョン・ウィック』
10月16日(金) TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

【STORY】
裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震え心の奥底に封じ込めた”殺し屋の魂”を解き放つジョン・ウィック。今見惚れるほど華麗で壮絶な復讐劇の幕が上がる。

原題:JOHN WICK
出演:キアヌ・リーブス(『スピード』『マトリックス』シリーズ)、ウィレム・デフォー(『プラトーン』)、イアン・マクシェーン(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)
監督:チャド・スタエルスキ(「マトリックス」スタントコーディネーター/スタント)
製作:デヴィッド・リーチ(「ウルヴァリン:SAMURAI」アクションコーディネーター)
スタントコーディネーター/第二班監督:ダリン・プレスコット(『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』スタントコーディネーター)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST