思わず青山真治監督も言葉を詰まらせた『この国の空』トークイベント付き試写会レポ

(左から)荒井晴彦監督、青山真治監督

(左から)荒井晴彦監督、青山真治監督

芥川賞作家・高井有一の同名小説を実写化した『この国の空』(8月8日公開)。映画公開を前に、18年ぶりに監督として本作を手がけた荒井晴彦と、『共喰い』ではタッグを組んだ青山真治がトークショー付きイベントにゲスト登壇した。

この日、MCを務めたのは『キネマ旬報』編集長の明智恵子さん。監督と呼ばれることに違和感があるのか「オレのこと監督監督って言わなくていいよ」と恥ずかしがる荒井だが、本作については「最初、いろんなプロデューサーに当たったけど、相手にされなかった。かつての盟友ですらね。このタイミングだから成立した映画だし、そこだけには感謝してます」と、ようやく作品として世に送り出せたことの喜びを語った。

青山監督との対談を楽しむ荒井監督

青山監督との対談を楽しむ荒井監督

ゲストで登場した青山監督はスクリーンで観たのは今日が初めてだというが「作品を観るのは今日で4回目です」と明智さんもびっくりの回答。荒井から脚本を渡された時には「こういうことやるのが我々の仕事だよねということは最初から思っていた。戦後に生き続けた人間が、戦争というものをどう捉えるかということが非常に色濃く語られている映画になっている」と解説。

さらに青山は言葉を続ける「最初にシナリオを読んだ時もそう思いました。こうやって戦争をひっくり返すのかと。初めてスクリーンで観て、非常に強い感銘を受けました。特に川縁で母と娘が歌うシーンはちょっと…………泣けましたね。うん。今日泣いたよ」。淡々と語っていた青山も、そのシーンを語る際には長く言葉をつまらせていたほどだった。

思わず青山監督は言葉を詰まらせてしまう場面も

思わず青山監督は言葉を詰まらせてしまう場面も

この青山の言葉を聞いた荒井は「今日これでもう終わりにしよう(笑)」とある種の満足感もあったのか、明智に向かって語りかける場面も。

また、青山は劇中の二階堂ふみについて「二階堂さんの声の出し方は監督の指示?」と触れ、「めったにああいった発声はやらない。工藤さんも富田さんも“映画の中の昭和”に近づけようとはしていない。でも、二階堂さんだけはそうしようとしている。それがこの映画の異常な特徴になっている」とコメント。

話がロケ地について及ぶと、「東京の話をね、関西では無理よ」とぶっちゃける荒井。「兵庫にいいところがあるって言ったのに耳も貸してくれなくてね(笑)」とも語った。

ここだけだから言えるぶっちゃけトークが展開

ここだけだから言えるぶっちゃけトークが展開

最後に青山は「昨日今日でこの映画は出来ない。粘り腰じゃないと映画は出来ないし、こういう映画を作れる人は滅多にいない。こういう映画がないと、映画という文化が衰退してしまう。皆さんが声高に語っていただけると」と語りかけ、荒井も「映画じゃ世の中変わらない」と言いながら「映画対映画で戦っていきたいね」と意気込みを語ってイベントを締めくくった。


終戦70周年記念作品『この国の空
8月8日(土)より、テアトル新宿、丸の内TOEI,シネ・リーブル池袋他、全国ロードショー

出演:二階堂ふみ、長谷川博己、富田靖子、利重剛、上田耕一、石橋蓮司、奥田瑛士、工藤夕貴
脚本・監督:荒井晴彦
原作:高井有一「この国の空」(新潮社)
詩:「わたしが一番きれいだったとき」茨木のり子
製作:「この国の空」製作委員会
制作プロダクション:ステューディオスリー KATSU-do
協賛:大和ハウス工業
配給:ファントム・フィルム KATSU-do

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

青山真治

生年月日1964年7月13日(54歳)
星座かに座
出生地福岡県北九州市

青山真治の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST