元祖ガンバ役・野沢雅子が映画『GAMBA ガンバと仲間たち』でガンバ達を助けるツブリ役に

(C)SHIROGUMI INC., GAMBA

(C)SHIROGUMI INC., GAMBA

『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』など数多くの大ヒット作品を世に送り出してきた映像制作会社・白組。その白組が、持てる映像技術の総力を結集させ、企画構想から15年、製作期間10年、総製作費20億をかけて創り上げた一大プロジェクト、3DCGアニメーション映画『GAMBA ガンバと仲間たち』が10月10日公開となる。

この待望の作品に、ノロイとの闘いの鍵を握るツブリ役で出演する野沢雅子は、1975年4月から放送された伝説のTVアニメ「ガンバの冒険」、後の劇場版アニメ『冒険者たち ガンバと7匹のなかま』(1984)、『ガンバとカワウソの冒険』(1991)で主人公・ガンバ役を務めてきた。

野沢はオファーを受けた時の気持ちを「ツブリのキャラクターが大好きなので嬉しかった。ツブリは登場する要所要所でガンバを手助けしてくれる」と答え、白組の制作による3DCGアニメーションについては「今までの2Dアニメーションとは全く異なり、キャラクターたちの動きがとても細かく、その分アフレコでもキャラクターに気持ちを乗せて演じやすかった。まさにキャラクターに入り込んで、アフレコに臨めた」と今までとは異なる映像の臨場感についても教えてくれた。

【野沢雅子(のざわまさこ)プロフィール】
「ゲゲゲの鬼太郎」(鬼太郎)、「銀河鉄道999」(星野鉄郎)など、数多くの代表作を持つ。「ドラゴンボール」シリーズでは、孫悟空、孫悟飯、孫悟天のメインキャラクター3役をこなしている。アニメ作品の他、洋画の吹替え、ナレーションでも活躍。2014年、東久邇宮文化褒賞を受賞。

<物語>
都会の片隅で、街ネズミのガンバとマンプクは楽しく暮らしていた。ある日ガンバは、「海は世界で一番広くて大きい」と聞き、観たことのない海を目指す旅に出る。

二匹は港で船乗りネズミの宴に参加するが、そこへ弱りきった島ネズミの忠太が助けを求めやってきた。しかし船乗りネズミたちは、敵が白イタチの「ノロイ」だと聞いたとたん、勝ち目がないと逃げ出してしまう。絶望する忠太を見たガンバは、自分だけでも島ネズミを助けようと決心する。

夜が明け、出航のとき。なんとボーボ、ヨイショ、ガクシャ、イカサマ、そしてマンプクもガンバの心意気にひかれ、船に乗り込んでいた。いよいよ冒険のはじまり。

ガンバと仲間たちはどうやってノロイに立ち向かうのか!?そして彼らの運命は……!?


映画『GAMBA ガンバと仲間たち』
10月10日(土) 2D/3D ロードショー!

声の出演:梶裕貴、神田沙也加、高木渉、矢島晶子、高戸靖広、藤原啓治、池田秀一、大塚明夫/野沢雅子
ノロイ
原作:「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」斎藤 惇夫・薮内 正幸(岩波書店刊)
製作総指揮:島村 達雄
企画・総監督:小川 洋一
監督:河村 友宏 小森 啓裕
脚本:古沢 良太
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
CGテクニカル・スーパーバイザー:初鹿雄太
CGキャラクター・スーパーバイザー:大橋真矢
エグゼクティブ・プロデューサー:アヴィ・アラッド
プロデューサー:紀伊 宗之 藤村 哲也 早船 健一郎
コミュニケーション・ディレクター:goen゜ 森本 千絵
製作・アニメーション制作:白組
配給:東映

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

大塚明夫

生年月日1959年11月24日(58歳)
星座いて座
出生地東京都

大塚明夫の関連作品一覧

梶裕貴

生年月日1985年9月3日(33歳)
星座おとめ座
出生地東京都

梶裕貴の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST