アカデミー外国語映画賞<タイ代表>作『すれ違いのダイアリーズ』日本公開&したまちコメディ映画祭出品決定!

(C)2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.  

(C)2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.  

タイ・アカデミー賞に最多ノミネートされ、アカデミー賞外国語映画賞タイ代表作品にも選ばれた『すれ違いのダイアリーズ』。本国では首都バンコクのみで約100万人を動員し、大ヒット。日本では、2014東京国際映画祭の「CROSSCUT ASIA 魅惑のタイ」特集で『先生の日記』という映画祭題で上映され、絶賛と日本公開切望の声が沸き起こった。その注目作が待望の日本公開決定! 公開に先駆けて、「第8回したまちコメディ映画祭in台東」への出品も決定した。

舞台は今もタイにある、湖に浮かぶ水上学校。新米教師の青年が、前任教師の女性が残した日記を読んで、会ったこともない彼女に恋してしまった! コメディ要素と誰もがキュンとするラブストーリー要素がたっぷり詰まった大ヒット作で、監督は『フェーンチャン ぼくの恋人』(03)のニティワット・タラトーン。主演はタイで最高の人気を誇る“ビー”の愛称で知られるポップスターのスクリット・ウィセートケーオと、演技力も美しさも抜群の女優“プローイ”ことチャーマーン・ブンヤサック。1冊の日記をめぐって、これまでなかった“すれ違い”が観客の心をぎゅっと掴む演出の巧みさに思わず脱帽の傑作だ。したまちコメディ映画祭会期中には、タラトーン監督が来日。舞台挨拶もあるという。

【物語】
電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。


映画『すれ違いのダイアリーズ』
2016年 シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

原題:KidTueng Wittaya(恋しい学校)
英題:The Teacher's Diary
監督:二ティワット・タラトーン
脚本:ニティワット・タラトーン、トサポン・ティップ、ティンナコーン、スパルック・ニンサーノン、ソーパナー・チャオワウィワットクン
撮影:ナルフォル・チョカナピタク
音楽:ファランポーン・リディム
出演:スクリット・ウィセートケーオ、チャーマーン・ブンヤサック
2014年|タイ|110分|DCP
配給:ムヴィオラ

©2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST