「自分は極限まで行くのが好きだから、プレッシャーはありがたい」―『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』トム・クルーズ来日記者会見

トム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督

トム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督

主演最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』プロモーションのため、先日21回目となる来日を果たしたトム・クルーズがクリストファー・マッカリー監督とともに、8月2日(日)都内にて記者会見を行なった。

「実は、2週間前に仕上がったばかりなんだ」と挨拶したトム。本作は7月31日(金)に全米公開され、シリーズ史上最高の20.3Mドル(24億4千万円)の大ヒットスタートを記録している。その本作についてマッカリー監督は「トムと一緒にコラボレーションした5本目の作品。毎回が学びの体験。今回は、すごく結果に満足しているよ」と自信を見せた。

本作の一つの見せ場でもある飛行機にぶら下がるシーンのことを聞かれると「何ヵ月もかけて準備した。機体の外にカメラを設置したり、重力や走る速度も考慮しないといけない。そして、あのシーンでイーサンはゴーグルをしていない。眼を守るために、眼球全体を覆うコンタクトも開発したんだ。そして、洋服は絶対スーツだと決めていた。これは、ヒッチコックの『北北西に進路を取れ』のオマージュさ」とひとつひとつ丁寧に説明するトム。さらには「飛行機にぶら下がるのはおすすめしないよ(笑)」とジョークを飛ばしてマスコミにもサービスたっぷり。

やっぱり丁寧な対応のトムに好感度

やっぱり丁寧な対応のトムに好感度

マッカリー監督は「撮影時には、エンジンがとにかく爆音だから、トムは『僕がパニックしているように見えたら、それは演技だ。カットしないでくれ!』って叫んでいたよ。ただ、機内に戻ってから『パニックとすばらしい演技の区別がつかないぞ』と気付いてしまったんだ。だから『アクション!』と声をかけて見守るだけだったよ」とこのシーンについて補足。トム曰く、このシーンは8回も撮影がされたという。

映画では主演を張るトムも、TVシリーズの『スパイ大作戦』の大ファンだったという。そして映画化した後はまた特別な想いを持っていたようだ。「いろんな国を訪ねる、異文化を知る。映画のために外国を旅していろんなことを吸収するチャンスをくれた映画。それは、さまざまな要素で映画を通じてお客さんを楽しませたいということが根底にあるよ」。

マッカリー監督はそっとトムを見守る

マッカリー監督はそっとトムを見守る

マッカリー監督も「個人的には、願いが叶った作品。イーサン・ハントは何でもできるが、彼自身は超人ではない。彼がミッションをやらなくてはいけない状況を作り出すことが重要なので、脚本を書く作業は非常に難しく、挑戦的なんだ。ただ、常に変化するので、僕らでさえどこに向かっているかわからなくなることもあるんだよ」と本作への想いを語った。

映画を続けていられるのは「映画への情熱」というトム。4歳の頃から夢見ていたことが叶ったことへの感謝を忘れないという彼は「映画の撮影には一度も遅れたこともなく、休んだこともない。責任感から遅刻さえしない。映画作りはプレッシャーの塊だけど、自分は極限まで行くのが好きだから、むしろプレッシャーはありがたいと思っているね」と映画人としてのアツい想いを披露。

「すでに次回作の構想も練っているよ」と明かしてくれたトム。明日8月3日(月)には、都内にて開催されるジャパンプレミアレッドカーペットにも登場する予定だ。


映画『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)より全国公開!

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION
監督:クリストファー・マッカリー(『アウトロー』監督、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ユージュアル・サスペクツ』脚本)
出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント役)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント役/『ハート・ロッカー』)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン役/『スター・トレック』シリーズ)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト役/『ヘラクレス』)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル役/『MI』シリーズ)、ショーン・ハリス(『プロメテウス』)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンレー役(CIA長官)/『レッド・オクトーバーを追え!』)ほか
日本公開:2015年8月7日(金)、全米公開:2015年7月31日(金)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST