【本日レンタル開始!】『マッドマックス』主演トム・ハーディのブレイク直前作! 惚れ惚れする肉体美はこの時から…

前作の『マッドマックス/サンダードーム』から30年の月日を経て、2015年6月20日にシリーズ第4作として日本公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。全世界40ヵ国以上で興行1位となった本作は、日本でも爆発的な大ヒットを見せている。

トム・ハーディの肉体美あふれる『ウォーリアー』 (C)2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

トム・ハーディの肉体美あふれる『ウォーリアー』 (C)2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

マッドマックス過去3作で主演を演じたメル・ギブソンから主人公・マックス役を引き継いだのは、イギリス人俳優のトム・ハーディだ。2001年にハリウッドデビューしたハーディは、今もっともセクシーな俳優のひとりとして人気が急上昇している。そんなハーディがブレイク寸前の2011年に出演した日本未公開の格闘技映画ウォーリアーが、DVDとなって8月4日にレンタルが開始された。

ハーディの肉体美とリアルな格闘シーンと、本物“ヒール”プロレスラーの起用

ハーディ演じるトミーは、父親のアルコール中毒が原因で、母とふたりで暮らしていた。しかし、母は病に倒れ、帰らぬ人に。トミーは一家離散の原因を作った父を憎んでいた。だが、トミーは14年ぶりに父のもとを訪ねる。

それは、高額賞金のかかった総合格闘技トーナメント「スパルタ」で優勝すべく、元ボクサーの父の指導を受けるためだ。ところがその大会には、生き別れとなった兄・ブレンダン(ジョエル・エドガートン)も参加していた……。

注目は、鍛え上げられたハーディの肉体美と、リアルな格闘シーンだ。よりリアルに見せるために、ファイトシーンには実在する選手も出演している。

中でも特筆すべきは、アメリカのプロレス団体「WWE」の王座を4度獲得したカート・アングルの起用だ。1996年、レスリング・フリースタイル100キロ級のアメリカ代表としてアトランタ五輪に出場し、圧倒的パワーで金メダルを獲得。その後、プロレスラーに転身して“史上屈指のヒール”となり、全米中から絶大な人気を博している。そんな現役レスラーが“史上最強の男”としてスクリーンに登場し、ハーディと臨場感あふれるバトルを披露するのである。

家族を支えるためにリングに上がる兄――、失ったプライドを取り戻すために戦う弟――。魂を揺さぶる兄弟対決は必見だ。そしてもうひとり、一家離散を招いてしまったことを悔い、禁酒をしながらひとりで生きる父……名優ニック・ノルティの演技が胸を打つ。この演技でニック・ノルティは、アカデミー賞や放送映画批評家協会賞の助演男優賞にノミネートされるなど、その年の賞レースを盛り上げ、クエンティン・タランティーノが本作品を2011年の映画ベスト9に選出している。

総合格闘技を観たことがない人も、『ウォーリアー』を観ればきっと世界観が変わるはずだ。そして今、映画界を大いに沸かせているトム・ハーディの新たな魅力も、この作品から感じてもらいたい。

(文:たけしたたけし)

シークレットゲストも登場してド派手に! 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパン・プレミア

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・ハーディ

生年月日1977年9月15日(40歳)
星座おとめ座
出生地

トム・ハーディの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST