溢れる情熱を、いま解き放て―アカデミー賞を賑わせた『セッション(WHIPLASH)』もスタートは18分の短編映画だった

(C)2013 WHIPLASH, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した『セッション(WHIPLASH)』。この作品は最初から決して順風満帆であったではない。その才能を見出され、小さなスタートから大きな一歩を勝ち取ったのだ。


「まさか!」28歳の才能が生んだ1本に世界が揺れた!!

サンダンス映画祭 W受賞(グランプリ&観客賞)を皮切りに早くもノミネート数142・受賞数48(2015/1/19現在)。驚異の記録で賞レースを席巻! 本年度アカデミー賞(R)のダークホースから作品賞含む5部門ノミネートの大本命へ!!


結果、このように映画界に旋風を巻き起こす事になるのだが、その始まりは、脚本15ページ分、18分の短編映画。

当時28歳の無名監督デミアン・チャゼルは、全85ページの脚本を書き上げたが、あまりに斬新すぎて有名プロデューサーたちが怖気付く中、脚本に惚れ込み、製作総指揮にあたったのは名匠ジェイソン・ライトマン(『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞(R)にノミネート)。映画製作の資金確保のため、彼はチャゼル監督に「同じ物語でまずは短編映画を作り実力を見せつけること」を提案。完成した18分の短編作品はライトマンの読み通り、見事2013年サンダンス映画祭で審査員賞を勝ち取り、結果、長編撮影への切符に繋がるのである。

この成功談は、決して「対岸の火事」ではない

近年このようなサクセス・ストーリーが、世の才能あるクリエイターに勇気を与えていることは間違いない。そして、このような映画をもっと世に送り出したいと思っているのがTSUTAYAだ。

現在募集されている「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015」では、TSUTAYAが全力でクリエイターをサポート。上限5,000万円の制作費、制作体制バックアップ、TSUTAYA店頭及びネットでのプロモーションといった3つの支援がされる。応募締め切りは8月16日(日)まで。

TSUTAYA CREATORS’PROGRAM概要

<審査について>

・1次審査
募集期間:2015年6月16日(火)~8月16日(日)※当日消印有効
審査方法:応募全作品をTSUTAYAスタッフ、TCP事務局合議による審査

・2次審査
審査方法:1次審査提出の企画書に沿ったシナリオ・絵コンテ、最終審査用の5分映像を提出
TCPプロデューサーによる面談後、TCP事務局合議による審査

・最終審査
最終審査会:2015年11月12日(木)
審査方法:企画プレゼン実施。最終審査員による審査

<審査員について>
・最終審査員(50音順、敬称略)
阿部秀司(株式会社阿部秀司事務所代表取締役・プロデューサー)
大谷健太郎(映画監督)
久保田修(C&Iエンタテインメント株式会社代表取締役社長/映画プロデューサー)
黒木瞳(女優)
櫻井徹(株式会社T-MEDIAホールディングス代表取締役社長兼CEO)
中沢敏明(セディックインターナショナル代表取締役/ 映画プロデューサー)
中西一雄(カルチュア・エンタテインメント株式会社代表取締役社長)
増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役社長兼CEO)
本木克英(映画監督)

<エントリーについて>
エントリーについての詳細は、特設ページ(http://top.tsite.jp/special/tcp2015)を参照のこと。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジェイソン・ライトマン

生年月日1977年10月19日(40歳)
星座てんびん座
出生地加・モントリオール

ジェイソン・ライトマンの関連作品一覧

J・K・シモンズ

生年月日1955年1月9日(63歳)
星座やぎ座
出生地米・ミシガン・デトロイト

J・K・シモンズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST