青森ねぶた祭り 前夜祭セレモニーに、 スター・ウォーズねぶた登場!

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

史上空前のエンターテインメント『スター・ウォーズ』シリーズの最新作にして、その新たなる3部作の第1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)。今回、世界的にも知名度が高く、国の重要無形民俗文化財でもある「青森ねぶた祭」の前夜祭セレモニーに<スター・ウォーズねぶた>が登場し、会場に集まった約3万人を熱狂させた!

ルーカスフィルムが監修した4台の<ねぶた>をねぶた師が立体的に制作するということもあり、お披露目前から日本中で話題となっていた。『スター・ウォーズ』は元々、黒澤明作品や、日本の文化から多大な影響を受けており、違和感なく日本の伝統的なお祭りに溶け込んだ。また映画作品の登場人物やキャラクターが<ねぶた>として精緻に制作されるのは史上初の試みである。

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

スター・ウォーズねぶたがお披露目となった青森ねぶた祭りの前夜祭セレモニーでは、約3万人の人で埋め尽くされた。初めにねぶた制作者を代表し、ねぶた師の北村春一さんが今回の制作について「下絵の段階からねぶたをよく研究しキャラクターを克明に再現するだけでなく、ねぶた独自の技法との表現を理解し尊重してくださったスタッフの皆さんに深く感謝します」とコメントした。北村さんは12月公開の最新作を題材とした[フォースの覚醒ねぶた]の制作を担当。熱い気持ちを語った。

会場の盛り上がりが最高潮となったところで、青森工業高校ねぶた研究会によるスター・ウォーズねぶた4台を使ったデモンストレーションが開始。『スター・ウォーズ』のメインテーマが流れる中、4台のねぶたが前後左右に移動し回転。一斉に動き出す4台のねぶたの大迫力に会場も終始釘づけとなり、観客の興奮も冷めやらぬ中イベントは終了した。

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

この<スター・ウォーズねぶた>は、この後、8月2日(日)から7日(金)までの「青森ねぶた祭」開催期間中、2台をワ・ラッセ展示スペース(要入館料)、もう2台をワ・ラッセ屋外の西側広場に展示(無料)する。展示されるねぶたについては、ローテーションを組む。12月の映画公開前にして急速にその熱気は日本各地へ広まっている。既に【スター・ウォーズ現象】はとどまることしらず、いまや“映画”という枠を越え、オリンピックやサッカーワールドカップと並ぶ世界最大のイベントと目される「スター・ウォーズ」。新たなる3部作の幕開けとなる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動きに日本、そして世界が注目している。


映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日(金)全国ロードショー

監督:J・J・エイブラムス
制作総指揮:キャスリーン・ケネディ
脚本:ローレンス・カスダン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
視覚効果:デニス・ミューレン

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST