映画『7500 ナナゴーゼロゼロ』監督・清水崇インタビュー

『呪怨』シリーズなどで知られるJホラーの名手、清水崇監督のハリウッド進出第3作となるパニックホラー『7500 ナナゴーゼロゼロ』が、この秋、DVD&Blu-rayで登場する。それに先がけ、TSUTAYAで先行レンタルがスタート! 密室状態の旅客機内で次々と起こる怪現象をどう描いていったのか。清水監督が作品へのこだわりを語る!

清水崇監督

飛行機での身近な恐い体験を盛り込みました

僕がこの作品を撮ることになったのは、『THE JUON 呪怨』のプロデューサーのロイ・リーから『密室劇をやってみる気はないか』と声をかけられたからなんです。脚本はまだなかったんですが、オムニバス映画『トワイライトゾーン 超次元の体験』の第4話「2万フィートの戦慄」のような、機内を舞台にした映画を作りたいという話はあって。飛行機という密室に乗り合わせた人たちが、同じ危機に直面するというスタイルにとてもひかれました。

ストーリーは、海外ドラマ『LOST』シリーズのクレイグ・ローゼンバーグが書いた脚本をベースに、僕が何度かアメリカに行っては彼と話を練っていきました。初めは登場人物が多すぎたので二人を一つにまとめたり、ラストの展開について相談したりと、いろんな案を出し合いました。

周囲の人に、飛行機に乗ったときの恐怖や、どんなことを怖いと思うかなどのリサーチをして、恐怖描写に生かしています。例えば、どんなに飛行機内がクリーニングされていても前の人の痕跡を見つけるとイヤな感じがするとか。割と身近な体験をエピソードに盛り込んでいます。

劇中の神経質な新婚妻も、『ああ、こういう人いるいる』と言いたくなるような、すごい嫌われキャラですよね。普通、嫌われ者は最初に死ぬというのがホラー映画のお決まりですが、残しておく方が面白いかなって。 

こだわったところは、乱気流のシーン。怪現象のきっかけになるのでリアルに見せたかった。ラッキーなことに、実際に乱気流を経験したことがあるスタッフが大勢いて、宙に浮いてたたきつけられたことのある人もいたので、あれこれ聞きました。揺れたせいで手荷物を入れる戸が開いてスーツケースが落ちてくるシーンがあるんですが、本当に簡単に開くそうですよ。

映画を観ている人が本当に乗り合わせているような気持ちになって怖がってほしいですね。まあ、飛行機内でパニックが起こる「2万フィートの戦慄」が機内上映されているという設定は、普通は考えられないでしょう。ただ、そこはもうオマージュということで流していますね(笑)。

◆PROFILE

しみず たかし/'72年群馬県生まれ。助監督経験を経て、オリジナルビデオ『学校の怪談G』('98)で監督デビュー。オリジナルビデオ『呪怨』('99)がヒットし、映画『THE JUON 呪怨』('04)でハリウッド進出。映画『魔女の宅急便』('14)など非ホラー作品も監督。

『7500 ナナゴーゼロゼロ』

『7500 ナナゴーゼロゼロ』

8.21 RENTAL 10.28 ON SALE
'14年・米
監督/清水崇
出演/レスリー・ビブ、ジェイミー・チャン、ライアン・クワンテン、エイミー・スマート、ジェリー・フェレーラ
【セル】3,800円(税抜)、4,700円(税抜/ブルーレイ)

⇒作品詳細・レビューはこちら

(C) 2014 CBS Films Inc. All Rights Reserved

(取材・文:前田かおり/撮影:堀弥生)

このタグがついた記事をもっと見る

フライト・ゲーム

フライト・ゲーム

出演者 リーアム・ニーソン  ジュリアン・ムーア  ミシェル・ドッカリー  ルピタ・ニョンゴ  スクート・マクネイリー  ネイト・パーカー  ジェイソン・バトラー・ハーナー  アンソン・マウント  コリー・ストール  オマー・メトワリー
監督 ジャウム・コレット=セラ
製作総指揮 スティーヴ・リチャーズ  ロン・ハルパーン  オリヴィエ・クールソン  ハーバート・W・ゲインズ  ジェフ・ワドロウ
脚本 ジョン・W・リチャードソン  クリス・ローチ  ライアン・イングル
音楽 ジョン・オットマン
概要 「アンノウン」のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンのコンビで贈るサスペンス・アクション。大西洋上空1万メートルの旅客機を舞台に、リーアム・ニーソン扮する航空保安官が、20分おきに乗客を1人ずつ殺害していく見えない敵に立ち向かうさまをスリリングに描く。一般の乗客を装い旅客機の警備に当たる航空保安官のビル・マークス。彼が今回乗り込むのは、NY発ロンドン行きの便。やがて大西洋の上空を飛行中の真夜中、ビルの携帯に不審なメールが届く。それは“指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す”と書かれた正体不明の人物からの脅迫メールだった。機内にいると思われる犯人を見つけ出すべく捜査を開始するビルだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

清水崇

生年月日1972年7月27日(46歳)
星座しし座
出生地群馬県前橋市

清水崇の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST