山田洋次監督「どこかで運命のようなものを感じた」―映画『母と暮らせば』クランクアップ記者会見

(左から)黒木華、山田洋次監督、吉永小百合、浅野忠信

(左から)黒木華、山田洋次監督、吉永小百合、浅野忠信

原爆で一瞬にして人生を失った息子とその母親の物語を描いた、山田洋次監督最新作『母と暮らせば』がクランクアップ。12日、都内にて記者会見が行われ、主演の吉永小百合ほか、二宮和也、浅野忠信、山田洋次監督が登壇した。

山田監督は「改めて、戦後70年という年にこの作品を作り上げることは意義のあること。それにふさわしい作品になっていればいいと思う」と挨拶すると、吉永も「若い方たちの中では、広島や長崎で何が起きたか知らない人もいる。この映画を観て、あの時起こったこと、これからどんな風に未来へ向かって歩いて行かないといけないかと感じていただければ」と続いた。

山田洋次監督

山田洋次監督

劇中では吉永演じる伸子の息子・浩二役で、山田組初参加となる二宮は「改めて長崎の原爆について研究する機会を与えていただき、それを体現することが出来た。自分の思いや考えは映画に置いてきたつもり。何度も観て感じていただければ」とコメント。また、浩二の恋人役を演じた黒木も「私は戦争をリアルに知らない年代。監督や吉永さんに沢山話を聞くことができて、町子という前向きに生きる役を演じられて嬉しかった」と思いを語った。

町子の同僚を演じた浅野は「山田監督と吉永さんとは『母べえ』でご一緒させて頂いて。今回もとても大切な役をやらせて頂いて感謝している。足を無くしてしまった方の役をやらせていただき、役を通じてその辛さを実感しました。」とコメント。

浅野忠信

浅野忠信

どこかで運命のようなものを感じた

「井上ひさしさんが『父と暮らせば』『木の上の軍隊』と書かれてきて、もうひとつ長崎を舞台にした『母と暮らせば』という作品も作りたがっていた。ある文章でも、『この3部作を作り終えた時に、僕の一生は終わる』と語ってらして。井上さんの娘さんからその話を聞いた時、すぐに出来ると思ったし、話の内容も即座に頭のなかに浮かんだ」と携わるキッカケを語る山田監督。

さらに「それは僕が作りたい映画だと思ったし、どこかで運命のようなものを感じた。今までで一番大事な映画になるんじゃないかと思って、企画を実現させてほしいとお願いして、覚悟も決めました」とその想いを続けた。

吉永小百合

吉永小百合

この山田監督の熱意がそのまま現場に降りたのか、吉永も「一番監督の情熱を感じました。ワンカットワンカット心からの演出をなさっていた」と現場を振り返った。

山田監督は「原爆を体験している人たちが居なくなっている時だからこそ、当時の記憶を後の世代に伝えていかないといけない。それは僕達が生きている内にやらなければいけない課題。この映画は母と息子の愛情の物語、息子の悲しい恋の物語だけど、この映画を通して改めて戦争ついて考えてくれるようになればいいなと思っています」と本作を送り出すことの思いを語った。

続く形で吉永も「語り継いでいくことの大切さを今感じていますし、原爆を知らない若い世代にできることはこういうことを続けていくこと。それぞれの心に残してもらえるような作品になったと思います」とコメントし、その手応えを伝えてくれた。

黒木華

黒木華

この映画を送り出す意義は「巡り合わせのようなもの」と話す山田監督。映画は現在編集中で、秋に完成予定だという。


映画『母と暮せば』
2015年12月12日(土)全国ロードショー

【STORY】
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

出演:吉永小百合 二宮和也/黒木華 浅野忠信 加藤健一/広岡由里子 本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功
監督:山田洋次
脚本:山田洋次・平松恵美子
製作:「母と暮せば」製作委員会
制作・配給:松竹株式会社

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

浅野忠信

生年月日1973年11月27日(44歳)
星座いて座
出生地神奈川県横浜市

浅野忠信の関連作品一覧

二宮和也

生年月日1983年6月17日(35歳)
星座ふたご座
出生地東京都葛飾区

二宮和也の関連作品一覧

吉永小百合

生年月日1945年3月13日(73歳)
星座うお座
出生地東京都

吉永小百合の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST