『ミッション:インポッシブル』最新作、興行収入34億円を突破!

(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

全世界で大ヒットし新記録を更新中の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。お盆後の夏休みも好調を続けており、8月23日(日)までの公開17日間で累計興行収入は34億円を突破した。

これは、最終興収54億円のシリーズ前作『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』(2011年12月公開)の公開17日間の興行収入対比123%である。さらに週末の土日興収対比では前作は公開3週目が12月31日&1月1日にあたるが、本作は前作があげた約3億2千万円を上回る驚異の110%となった。また『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の30億円突破は公開15日間となるが、これはゴースト・プロトコルより4日間早いハイスピードでの到達となる。

海外では週末にイタリアで公開されオープニング初登場No.1、さらにフランス、ブラジルでは公開2週目もNo.1を記録。「ミッション:インポッシブル」旋風はとどまらず、インターナショナルでは63カ国で公開され累計は約2億8千万ドル(約340億円)を稼いでいる。

洋画・邦画とも大作映画がひしめき、今世紀最大となる1週間の興行収入記録となったお盆休みも一息つき、夏休みも後半に入ったが、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の勢いはとまらないようだ。


映画『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』
大ヒット公開中

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION
監督:クリストファー・マッカリー(『アウトロー』監督、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ユージュアル・サスペクツ』脚本)
出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント役)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント役/『ハート・ロッカー』)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン役/『スター・トレック』シリーズ)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト役/『ヘラクレス』)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル役/『MI』シリーズ)、ショーン・ハリス(『プロメテウス』)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンレー役(CIA長官)/『レッド・オクトーバーを追え!』)ほか
日本公開:2015年8月7日(金)、全米公開:2015年7月31日(金)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST